昨年11月に眼瞼下垂の手術をした和田アキ子さん(69)が、自身の顔の変わりぶりについて本音を打ち明けたことが話題になっています。

和田さんは9月14日、自身のレギュラーラジオ番組『ゴッドアフタヌーンアッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に出演。自身の目元が眼瞼下垂の手術以降、大きく変わってしまったことに対し、辛い気持ちがあることを吐露。自身の現在の顔について「ものすごい変な目になった」と表現し、違和感があることを明かした。

また「自分が(手術後の顔に)納得いかなくて。仕事終わってからの落差が大きくて。月曜にはメンタルトレーニングにも通った」とも語り、今後、場合によっては再手術の可能性があることを明かしていたのでした。

この和田さんの悲痛な告白に対し、ネットでは、

参考記事:上沼恵美子と和田アキ子に賞賛の声 宮迫・亮の記者会見の裏で評価を上げた二人の女帝 | TABLO

「顔見る度ショックだろうね」「とても辛くて悲しい思いをされてると思う。納得いかないよね」「本当にお気の毒に思う。上手く馴染んでいくように願っています」「メイクしてこうだからすっぴんだとかなり酷いんだろうな」「これは同じ女性として辛い」と同情の声が続出している状況です。

フリーアナウンサー宮根誠司さんも今年1月に眼瞼下垂の手術を受けていますが、宮根さんのほうはだんだん馴染んできた印象がありますよね。2008年には女優の高畑淳子さんも同じ手術を受けており、一時は目が腫れ上がったものの、今はいい感じです。だから年齢や手術のやり方によって、個人差があるんでしょうけどね…」(テレビ局勤務)

和田さんのTwitter。「心と、頭のバランスが、悪くなりました」とツイート

和田さんは豪快な印象がありますが、実は繊細な一面があることでも知られています。2015年12月2日にはTwitterを更新し、

「いろんな事の不安とかプレッシャーで心と、頭のバランスが、悪くなりました。診療内科に行って今からFNS歌謡祭生放送に向かいます」と心が疲弊していることを明かし、ファンを驚かせる事態になっていました。

「最近の和田さんは色付きのサングラスをかけたりメガネをかけたりして、目を隠していることも多いですね。和田さんといえば69歳という年齢には見えないくらい若々しいルックスをキープしている。言い換えれば、それだけ美意識が強く努力家だということです。髪ツヤや引き締まった体型を見ていても人一倍自分の見た目に気を遣っていることが分かるだけに、顔の変貌は本当にショックでしょうね…。メンタルに来るのも分かります」(芸能事務所勤務)

和田さんが満足いくような顔を取り戻すことができるように祈りたいところです。(文◎小池ロンポワン)

あわせて読む:元AKB48小林香菜の整形告白に「大失敗!!」と西野未姫 デリカシーない糞キャラを突き進む新ヒール | TABLO

画像は『和田アキ子ベスト・ヒット』より