「ベテランパートが一番権力を持っている」という職場

労働時間が短く、私生活とのバランスが取りやすいパート勤務。正社員とパートが各自の職務を全うすれば、業務もスムーズにまわすことができる。一方で、中には長年勤務するベテランパートに悩んでいるという声も寄せられた。企業口コミサイト「キャリコネ」の口コミを見てみよう。

パートさんは社長の前会社から引っ張って来た人で、めっぽう気が強い。社員の味方なんていないに等しい。パートさん全員が社長の味方のようなもので、ミスがあったりするとまた気まずい」(その他、20代前半、男性、契約社員、年収240万円)
パートおばさんが一番仕事ができて、一番権力を握っているので、そことうまくやれるかが鍵です」(その他、20代後半、男性、契約社員、年収180万円)

社長と長年付き合いがあったり、仕事ができるパートが権力を持ち、社内の人間関係に影響を及ぼしているという体験談が寄せられた。もちろん、正社員・パート関係なく、「仕事ができる」というのは良いことだ。しかしベテランパートに気を遣いすぎて、社員の精神的な負担も大きくなる。こうした状態が続くと、社員の指示が通らない、業務が滞るといった事態が起きてしまう恐れもある。【参照元:キャリコネ】

「社員がマネジメントしづらい」「お局化している」

ベテランパートアルバイトの方が社員以上に現場を知っていることから、社員がマネジメントしづらい面があります。ベテランパートの理屈が優先されて、新人アルバイトパートの方が定着しにくいので、人手不足となり結果として社員の負担を大きくしてしまっています」(その他、20代後半、男性、契約社員、年収300万円

パートタイマーの人間関係はかなり気を使います。パートタイマーは長年勤めている方が多いので、言い方は悪いですがお局化していることが多いです」(フロアスタッフ20代前半、男性、正社員、年収220万円)

「若い店長が3年おきに変わるのに対して、現場のパートは10年以上勤務が多く、どちらが社員かわからない状態。人間関係において難しい職場です」(クリエイティブ関連職、40代後半、女性、契約社員、年収200万円)

長年勤務しているパートの場合、社員以上に現場を知っていることもある。把握している業務内容や現場単体の仕事に関しては、社員よりもパートの方が熟知し、手際よくできてしまう場合もある。そのため「社員がマネジメントしづらい」「パートがお局化している」といった体験談が寄せられた。また、ベテランパートが優遇されて新卒や新人が定着しづらく、結果的に人手不足になっているという口コミも。

雇用主や社員は、仕事ができるパートを適正に評価するのはもちろんのこと、社内の雰囲気や人間関係に目を配らせる必要がある。適材適所で上手に起用すればパートは戦力となり、業務を効率的に進めることができる。雇用主は定期的に現場をチェックしながら、社員のすべきこと、パートのすべきことを明確にし、両者がともに仕事しやすい環境づくりを行うべきだ。【参照元:キャリコネ】