元吉本所属芸人で、現在はお笑いジャーナリストとして活動するインタビューマン山下氏(50)が15日、自身のツイッターを更新。闇営業問題で活動休止中の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)と、台風15号の被害を受けた千葉県内でボランティア活動を行ったことを明かした。

 山下氏は、「宮迫さんに誘って頂き千葉県の鋸南小学校支援物資を届けに行き、近くの『道の駅 保田小学校』の配達のお手伝いもさせて頂きました」と報告。宮迫が活動する様子の写真をアップした。

 「ボランティア活動のオファーが全国各地から来ていることを一部の直撃に対して明かした宮迫だが、もはや、世間は宮迫に対する関心を失ってしまっている。存在感をしっかりアピールするため、自分のSNSではあまりにも露骨なので、山下氏にアピールしてもらったのだろう」(芸能記者)

 闇営業で処分を受けた吉本所属芸人たちは8月下旬までに続々と仕事復帰。しかし、そろって7月20日に都内で会見した宮迫とロンドンブーツ1号2号田村亮(47)のみはいまだに仕事復帰の話がまったく浮上していない。

 「2人が会見で会社に反旗を翻すような発言をしてしまったため、吉本の実権を握る大崎洋会長&ダウンタウン松本人志を怒らせてしまった。そのため、年内いっぱいはこのまま“塩漬け”にされてしまうようだ」(テレビ局関係者)

 互いの相方である雨上がり・蛍原徹(51)とロンブー・田村淳(45)は20日放送のテレビ朝日系アメトーークゴールデン3時間SP」でMCとして共演。もはや宮迫と亮が戻る場所はなさそうだ。