人材不足を背景に、かつてない売り手市場となった2020年入社の就職活動。そんななかでも人気上位の企業には総合商社や証券会社を中心に構成されることが多い。

ANA
※画像はイメージです。(C)Helgidinson
 文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所が8月9日、最新の入社希望者就職ブランドランキングを発表。今回のランキングでは、全日本空輸(以下、ANA)が1位を獲得している。

企業の“就職ブランド力”をランキング化

 同ランキングは、2020年春に入社希望の現大学4年生、現大学院2年生を対象にアンケートを取ったものとなる。文化放送キャリアパートナーズ主催の就職活動イベントや就職サイトなどで1万117名から回答を得ている。

 アンケートでは、「企業イメージ(企業価値)」と「仕事イメージ(仕事価値)」のどちらを企業を選ぶ際に重視したか回答する形となっている。「企業イメージ」よりも「仕事イメージ」のほうが企業選択の際に重要だという仮説から、企業イメージのみで投票した場合は就職者誘引度0、仕事イメージのみで投票した場合は100とし、得票平均値を「就職者誘引度」として算出している。

 そして、総得票数×就職者誘引度=就職ブランド力とし、これを元にランキング化した形だ。

 アンケートではANAが1位を獲得、以降は2位伊藤忠商事、3位JR東日本、4位大和証券グループ、5位明治グループと続いている。なお、文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所では4月にも同様の調査を発表しており、その際にもANAが1位を獲得している。

社員に対するANAの取り組み

 4月のアンケート、そして今回と2回連続で1位を獲得したANAグループリクルートページによると「人財こそが最大の資産」という考えのもと、社員ひとりひとりの可能性と個性の最大発揮を目指しているという。

 グループ全社員が持つべき心構えや、取るべき行動の礎とされている「ANA’s Way」が記された冊子を社員全員に配布。またANA’s Day研修という“努力と挑戦のDNA”について学ぶ研修を設けるなど、理念の共有に非常に力を入れている。

 そんな行動指針の始めに記されているのが「安全」だ。安全こそが経営の基盤として、そのために社員同士が職域や職責を超えた連携を推進している。この他に健康にも力を入れており、身体の健康だけでなく疫病予防やメンタルヘルスの取り組みも実施している。

ANAの“ほめあう社風”を作る仕組み

 また、重要視していることのひとつとして「ほめる文化の伝承」があるという。ANAでは仕事をほめることを推奨しており、仲間のよいところを見つけたらカードに記入して渡す(!)という仕組みが設けられている。

 このカードは1通につき1円が社会貢献活動に寄付される。パワハラが問題視される昨今において、非常に価値のある取り組みと言えるのではないだろうか。

Yahoo!ファイナンス」によると、ANAグループ全体の従業員数は4万3466人。平均年齢は45.5歳で、気になる平均年収は776万円。民間企業全体の40代後半の平均年収は496万2000円平成29年分 民間給与実態統計調査)なので、ANAは待遇もかなり良いと言える。

ANA社員からは意外な声も

ビジネスマン

 就活生からの人気が非常に高いANA。では実際に働いている人はどのように思っているのだろうか。年間2000万人が訪れる企業の口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」に寄せらせた口コミから紹介したい。

 大満足の口コミが並ぶかと思いきや、期待を膨らませている就活生はショックを受けるかもしれない先輩たちの声も……。

「世間一般、お客様に与えているイメージと、実際に社員として受けるイメージ180度違う。憧れと企業イメージだけで入社を決めてしまったが、OG訪問などを行い、実際の職場環境や待遇についてきちんと調べるべきだった」(物流サービス/30代前半女性/正社員/年収500万円/中途入社/3年~10年未満/投稿時に在職/2017年度)

 この人は、ANAグループの物流関連会社の社員という可能性もあるが…。
 次の口コミは、年収からいってもANA本体の社員と予想できる。 

「以前に比べると、働き方改革に則って残業を減らしていこうという社風になってきたが、いまだにサービス残業が多い。先輩が帰らないと、後輩も帰ることが出来ない雰囲気があるため、無駄に会社に残っていることも多い。休日出勤はほぼなし。有給休暇は計画的に取得すれば、ほぼ100%取得することができるが、ゴールデンウィーク夏休みや年末年始などの時期は競争率が高いため、取得できないこともある」(その他/30代前半女性/正社員/年収700万円/新卒入社/10年以上/投稿時に在職/2018年度に関する口コミ)

変動の大きいボーナスにぼやく社員も

 続いて紹介するのか給与について述べられている口コミだ。

大企業の割には基本給が少ない方に感じる。また航空事業は、景気の煽りを受けやすいため、業績がいいときはボーナスでしっかり還元して、悪い時は少ないという構造になっているが、いい時はもっと貰えるような制度に変えるべきと個人的には思う」(営業企画/20代後半男性/正社員/年収600万円/新卒入社/3~10年未満/投稿時に在職/2018年度に関する口コミ)

 20代後半で年収600万円ということで、かなり恵まれた待遇に思われるが、変動のあるボーナスに対してはやや不満もあるようだ。

 不満を述べる口コミもあるが、これも就活時に抱いた高い理想からくるものとも言えるだろう。「人財こそが最大の資産」とするANAの今後の取り組みにも注目したい。

TEXT/菅谷圭祐 データ/キャリコネ(運営:グローバルウェイ)>

【菅谷圭祐】

大学受験情報誌、IT情報サイトなどでライター経験を積み、2018年よりフリー。最近の趣味は休日の農業、リサイクル業も兼業

※画像はイメージです。(C)Helgidinson