ダレノガレ明美 

(C)まいじつ 

タレントのダレノガレ明美が9月10日、自身のインスタグラムを更新。ストーリーズに就寝前の様子を写した写真を投稿したのだが、過度なフィルター加工が施されていたためか、ネット上では「変死体かと思った」「2時間サスペンスで初っぱな発見される死体」などと、恐怖におののく声が続出してしまった。

【関連】ダレノガレ明美“写真加工”でベッキーに!?「カワイイけど怖い」の声も… ほか

普段の投稿でも、自慢の美脚を頻繁に載せているダレノガレ。この日も、《おやすみ》とのコメントとともに、ショートパンツ姿で寝そべる姿を公開した。写真の奥には、ダレノガレと同じベッドの上で寝転がる愛猫の姿もあり、リラックスした雰囲気が伝わってくる。しかし、写真に色味や画質などを変更できるフィルター機能を使っているためか、脚が〝毒々しい紫色〟に…。そんな浅黒い脚に対し、ネット上では、

《画質や色味からしても変死体や》
《死後1週間てとこか》
《腐乱死体みたいなってる笑 軽くホラー
《全体的に色が気持ち悪いなぁ》
《キャー! 2時間サスペンスで初っぱな発見される死体》

などと、まさかの〝死体〟に見える写真との声が多く上がった。

 

ダレノガレの“インスタ投稿”に恐怖の声「変死体?」「ホラーだ!」

悪評上がればすぐ改善…良い心がけです

「この反応を受けてか、16日の深夜に公開されたストーリーズでは、ほとんど同じ構図で〝美しい〟脚を披露しています。普段から『インターネットエゴサーチをするのが日課』と公言していますから、おそらくダレノガレのもとにも恐怖におびえる声が届いたのでしょう。悪評が上がれば、すぐに改善する… さすが、〝修正力〟には定評のあるダレノガレですね」(芸能ライター

一部では、今回の血迷った投稿は〝加工疲れ〟によって、美醜の判別がつかなくなっているのではとの心配の声も上がっている。1つのことをやり続けると、周囲も受け入れてくれるという新たな強みを、ダレノガレは体現しているのかもしれない。