なんなの!

職場での人間関係のうち、上司はちょっと厄介だ。もし上司の性格が悪い場合、部下としては苦しい。上司は自分を評価する立場にあるため、苦手でも無視するわけにいかない。キャリコネニュース読者からは上司との接し方に悩む人がコメントを寄せられた。

管理・事務職の30代男性の上司は、「電話に出ない、メールの返信をしない、電話を無くす」と、連絡がとても苦手なタイプ。普段は現場におらず、定期的に訪問する程度のため、致命的と言える。さらに、上司が現場にやってきた時のことについて

「しょっちゅう外敵を作ってもめ、話し合いができた試しがない」
「話を整理して話すならともかく、全く考えないで事務所に来た時だけ口を開くのでは、意思決定とは言わない」

と呆れている。

インフルにかかったのに「発熱から数日休むというのは医学的根拠がない」と言われる

研究・開発職として働く30代女性は、かつてインフルエンザにかかり、職場で倒れたことがあった。当時は仕事が難航しており余裕がなかったため、上司は「仕事が遅れる」と不機嫌になっていった。

「倒れた翌日に上司から電話がかかってきて、『病人のふりをするな』と言われたあげく、3日後に出勤するよう命じられました」

この上司は女性の欠勤がよほど気に入らなかったのか、「インフルエンザにかかるのは本人の体調管理が悪いだけ」「発熱から数日休むというのは医学的根拠がない」など、心ない発言を繰り返した。

「こちらは『その甘いモチベーションで仕事に取り組んでいるのだ』という理解でいる」

共感力が欠ける上司も困ったものだ。営業職として働く30代男性は仕事の悩みを相談したのだが、

「こちらは『その甘いモチベーションで仕事に取り組んでいるのだ』という理解でいる」

と切り捨てられた。この状況で男性が求めたのは励ましなはずだ。男性は、

「分かるけど、そう言われるとモチベーションが更に下がる」

やる気がなくなっている。仕事では厳しさは必要だが、機械的な対応ではなく、ときには優しさも欲しいところだ。

ほかにも、

「今後の状況、予定など全く話さない。その場になってからの対応が多過ぎる」(技術職/30代男性)
「言った言わないでもめ、指示が的確でない。責任をなすりつけ部下のせいにする。 仕事をしない」(管理・事務職/40代女性)

といった声が寄せられた。

キャリコネニュースでは「あなたの思う『ブラック企業の見分け方』「ブラック企業体験談」に関するアンケートを募集をしています。