クリープハイプの尾崎世界観が朝日新聞出版の文芸誌『小説トリッパー』にて連載中の対談連載『身のある話と、歯に詰まるワタシ』。本日発売の『小説トリッパー秋号』にキックボクサー・那須川天心との対談が掲載される。

ミュージシャン、作家として活躍する尾崎世界観が「いま、もっとも気になる人」と対談を繰り広げる連載『身のある話と、歯に詰まるワタシ』は、今回が6回目。加藤シゲアキ、若林正恭、神田松之丞、最果タヒ、金原ひとみに続く6人目のゲストキックボクサー・那須川天心

また、クリープハイプ11月16日に現在のメンバーでの10周年を迎え、12月には10周年を記念した新作をリリース予定。そして、来年2月より単独公演としては過去最大規模の幕張メッセ国際展示場9-11ホールツアーファイナル大阪城ホールを含む、全10公演の10周年記念ツアータイトル未定)を開催する。

尾崎世界観、那須川天心