今夏スウォンジー・シティからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、いきなり結果を残しているFWダニエルジェームズ

2部からいきなりプレミアリーグ最高クラスチームに加入した21歳の活躍は世界に驚きを与えており、新たなスターとして評価されるようになった。

すでに素晴らしいゴールを決めてファンからの支持を獲得したジェームズ。しかし『Sky』の記事によれば学生時代にサッカーを辞めることを真剣に考えていたという。その理由とは…。

ダニエルジェームズ

「母と父に言ったんだ。『サッカー以外のことがやりたい』と。友達と離れてしまっていたんだ。毎日のように夜は練習をしていたから。

学校から帰ったら、友達と遊びたかった。だけど練習に行かなければならなかった。

ハル・シティにいたとき、監督からは真剣に言われたよ。『君には力があると思う。ここに残って欲しい』と。

明らかに、僕はサッカーを楽しんでいた。ただ友人と離れていたことが辛かっただけなんだ。

だけど、それはサッカー選手として成功するためには犠牲にしなければならないことだ。今になれば、そういうものはもっとたくさんあることは分かっている」

サッカー選手としては楽しさを感じられていた一方、友人と離れてしまうことが本当に辛かったというジェームズ

ただそこで辞めずにいたために後にサッカーで成功を収めることができ、必要な犠牲もあると理解したそうだ。

ユナイテッド超新星激白!「サッカーは好きだけど辞めたかった」なぜ?