キヤノンは、高速大容量・低遅延通信を特長とする5G(第5世代移動通信システム)の活用により、写真の高速伝送を実現するカメラアプリケーションの開発を進めています。オフィシャルスポンサーとして協賛する「ラグビーワールドカップ2019日本大会」において、5Gを用いた報道写真の伝送実験を実施します。

	撮影ワークフローイメージ図

■ 5Gを用いたカメラシステムによる報道写真の伝送実験を実施
トーナメントサプライヤーである株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)との連携(※)により、5Gを用いた報道写真の伝送実験を、2019年9月20日(金)に東京スタジアム(東京都調布市)で開催されるラグビー日本代表ロシア代表の開幕試合をはじめとする複数の試合にて実施します。キヤノンレンズ交換式カメラ開発中アプリケーションに、ドコモが提供する5Gの携帯端末を組み合わせることで、プロフォトグラファーがスタジアムで撮影する大容量の報道写真を、5G回線を通じて写真集積サーバークラウドなどに高速でアップロードします。

■ 国内外10社以上の報道機関各社との連携
プロフォトグラファーが撮影したスタジアムでの報道写真を、5G回線を通じて伝送する実証実験を、国内外10社以上の報道機関各社と協力して行います。5Gの高速大容量・低遅延通信の特長を生かすことで、決定的瞬間を捉えるプロフォトグラファーのワークフローにおいて、現場でのデータ選択の省略化や報道機関各社サーバーへの写真の直接アップロードが可能になるなど即時性と柔軟性の高い報道業務の実現を目指していきます。

※ 「ラグビーワールドカップ2019日本大会」の大会期間中に実施されるドコモの5Gに関する取り組みについては、2019年7月26日(金)発表のドコモ報道発表“(お知らせ)「ラグビーワールドカップ2019TM日本大会」で5Gプレサービスを提供”をご参照ください。

<ご参考>実施会場と対象試合
以下の5試合や決勝トーナメントなどで開催される複数の試合で実施を予定しています。

TM (C) Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.

配信元企業:キヤノン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ