10月フェニックスリーグには参加、春はまだ未定

 日韓関係が冷え込んでいる中、韓国プロ野球のハンファ、斗山、KTウィズの3球団が、今秋に予定していた宮崎県での秋季キャンプを取り止めることになった。

 既に自治体には連絡が入っており、日韓関係の悪化が原因の模様。宮崎市関係者は「球団としては行きたいんだけど、足並みを揃えようということで、行けないということだった」と話し、KBO全体として日本でのキャンプ開催に消極的になっている実情を明かした。

 ただ、10月7日から宮崎県内で開催される秋季教育リーグ「みやざきフェニックスリーグ」にはハンファ、斗山、サムスンの3球団が予定通り参加するということで、同関係者は「来てくれるのでしっかりと歓迎したい」と語る。また、来春キャンプに関してはまだ未定という。(Full-Count編集部)

韓国プロ野球の3球団が、今秋に予定していた宮崎県での秋季キャンプを取り止めに