本拠地ナショナルズ戦で6回8安打3失点 1か月ぶり黒星

ナショナルズ 6-2 カージナルス(日本時間18日・セントルイス

 カージナルスマイルズ・マイコラス投手は17日(日本時間18日)、本拠地のナショナルズ戦で先発。6回8安打3失点と粘りの投球を見せたものの、今季14敗目(9勝)を喫した。

 2回にカブレラの左犠飛で先制点を献上。同点の4回にはケンドリックの中越え16号ソロで勝ち越され、6回にはロブレスの中前適時打を許した。6回91球(ストライク67球)を投げ、4奪三振1四球、8安打3失点。防御率4.29となった。8月17日の敵地レッズ戦以来の黒星を喫した。

 ナ・リーグ中地区で首位を走るチームは2-6で敗れた。ブルワーズが4連勝し、カブスは連勝が5でストップ。2位タイのカブスブルワーズとは2ゲーム差と大混戦となっている。(Full-Count編集部)

本拠地でのナショナルズ戦に先発登板したカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:AP】