広島・鈴木は16年のリベンジなるか、オリックス吉田は月間打率.378

 セ・パ両リーグ共に、残すところあとわずか。優勝の行方も気になるところだが、個人タイトルも見えてきた。特に首位打者の候補たちは9月も好調で順位が動き、見逃せない展開となっている。

 セ・リーグは広島の鈴木誠也が打率.336で首位に立つ。鈴木は2016年に打率.335で2位と、打率.344だった巨人・坂本に追いつけず首位打者タイトルを逃しており、このままトップで逃げ切ればプロ入り7年目で自身初タイトルとなる。9月も14試合に出場し、8試合でマルチ安打を放つなど月間打率.388と好調をキープしている。

 2位の中日ビシエドは打率.324で残り9試合。ビシエドは昨年の首位打者(.348)で、現在も6試合連続安打と好調を維持しているが、現在の鈴木の打率.336を上回るには1試合で2本以上は打たなければいけない計算だ(1試合4打数の場合)。残り試合でどこまで鈴木は落とさず、ビシエドは追い上げられるだろうか。

 パ・リーグは打率.339で首位の西武・森友哉捕手、打率.331オリックス吉田正尚外野手がどちらも初タイトルを目指している。

 森は8月にプロ入り6年目初の月間MVPを受賞した際、「毎試合びくびくしています。試合が終わって、吉田さんの成績を見て、しっかり落ち込んでいます。プレッシャーしかない。(首位打者争いは)追う立場でありたいですね」と語っていたが、9月も月間打率はここまで.358と好調で、吉田を追い抜いた。首位打者を獲得すれば捕手としては12年の巨人・阿部以来、4人目となる。

 一方の吉田も、9月は13試合で月間打率.378と絶好調。7月には月間打率.357、7本塁打でプロ入り4年目初の月間MVPを獲得したが、実は森が月間MVPを獲得した8月も、月間打率.407と上り調子だった。ここにきて森を追いかける形となったが、オリックスは残り11試合(西武は残り8)と、まだまだ可能性は残されている。(Full-Count編集部)

広島・鈴木誠也【写真:荒川祐史】