クラシエホームプロダクツは、基礎化粧品ブランド「肌美精」から「肌美精 マスク9種コンプリートセット」を、2019年10月15日(火)に数量限定で全国発売いたします。
「肌美精 マスク9種コンプリートセット」は、「うるおい浸透マスク」4種(超しっとり、深層美白、ひきしめ、アクネ)、「超浸透3Dマスク」3種(エイジング保湿、超もっちり、エイジング美白)、「3D濃厚プレミアムマスク」2種(保湿、ハリ肌)の全9種類をお試しいただけるセットです。パッケージデザインはフォトフレーム風のギフトボックスになっており、お部屋のインテリアとしてご自身で使用いただけるほか、大切な方へのプレゼントとしてもご活用いただけます。
マスクはそれぞれ異なる風景写真とメッセージデザインされた台紙とセットになっており、マスクを使う度に気持ちが和み、毎日のお手入れが楽しみになるような仕様にしました。さらに、マスクを使用した後も、お持ちの写真を台紙にはさんでフォトフレームとしてご使用いただけます。


【商品特長
「肌美精」のマスク種を試せるコンプリートセット
うるおい浸透マスク4種(超しっとり、深層美白、ひきしめ、アクネ
・超浸透3Dマスク3種(エイジング保湿、超もっちり、エイジング美白)
・3D濃厚プレミアムマスク2種(保湿、ハリ肌)

●お部屋のインテリアにもご使用いただけるフォトフレーム風ギフトボックス(各マスクオリジナル台紙付き)
オリジナル台紙のデザイン(表面)>
      
【商品概要】 ※超浸透:マスクの面積が肌美精シリーズの中で最も広く、広い範囲に浸透すること
※エイジングケア:年齢に応じたお手入れ
※美白:メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと
※超もっちり:「肌美精 超浸透3Dマスクシリーズ」の中で美容液を含んだマスクが、最ももっちりしている感触のこと
※濃厚:美容液が肌美精3Dの中で最も厚い不織布に含浸した感触
肌美精マスクシリーズ共通 商品特長
●それぞれの肌悩みに最適な「シート×美容液」を選択
●肌美精独自の「美肌キメ成分Ex」(整肌成分)配合。キメの整った肌へ導き、肌悩みへアプローチします。
うるおい浸透マスク(超しっとり・ひきしめ)・超浸透3Dマスク(エイジングケア保湿・超もっちり)・3D濃厚プレミアムマスク(保湿・ハリ肌):
スターフルーツ(ゴレンシ果実エキス)・ハトムギエキス・ユズセラミド(ユズ果実エキス)・トウキンセンカ・グリセリン
うるおい浸透マスク(深層美白・アクネ)・超浸透3Dマスク(エイジングケア美白)[医薬部外品]:
リンゴエキス・ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)・真珠エキス(水解コンキオリン液)・シャクヤクエキス

●「浸透促進成分」配合
うるおい浸透マスク(超しっとり・ひきしめ)・超浸透3Dマスク(エイジングケア保湿・超もっちり)・3D濃厚プレミアムマスク(保湿・ハリ肌):
米発酵液
うるおい浸透マスク(深層美白・アクネ)・超浸透3Dマスク(エイジングケア美白)[医薬部外品]:
CHD(シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール)

●たっぷり美容液

●無着色、アレルギーテスト済み(すべての方にアレルギーが起こらないということではありません。)

うるおい浸透マスク 商品特長
〇肌悩み別に選べて、スペシャルケアが手軽にできるシートマスクシリーズ

超浸透3Dマスク 商品特長

〇顔の凹凸にピタッ!と密着する、立体形状3Dマスクと、とろ~り濃厚美容液で高い保湿効果のシートマスクシリーズ

<3D濃厚プレミアムマスクシリーズ共通 商品特長
マイクロオイル処方

「アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)」、「スクワランオイル」、「ホホバオイル」の3種の美容オイル(保湿成分)をバランスよくミックス。必要な油分を与え、保湿効果を高めます。
マイクロオイルとは、水分の中でとても小さな粒(マイクロサイズ)になった状態のオイルです。しっとりするのにベタつかない、心地よい浸透感(角質層まで)を感じられます。
〇「角質層コンディショニング成分(保湿)」配合
「リピジュア(R)」(ポリクオタニウム-51)は、水分保持力が高く(ヒアルロン酸の2倍)、
バリア機能が低下した肌を健やかに導きます。
              
※リピジュア(R)は、日油株式会社の登録商標です。

〇「プレミアム立体形状3Dマスク」採用
密着度、保液量、透明度をアップ(当社従来3Dシート比)した厚手のシートで、
小鼻や口元、アゴ下も顔の凹凸にピタッと吸い付くような密着感を実現しました。
 
発売予定日
2019年10月15日(火)
WEBサイト 
http://www.hadabisei.jp
販売チャネル 
全国のドラッグストア、スーパーマーケット

以  上


配信元企業:クラシエホームプロダクツ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ