ダルビッシュは本拠地レッズ戦で7回で球団新記録8者連続奪三振を含む13Kをマーク

レッズ 4-2 カブス(日本時間18日・シカゴ

 カブスダルビッシュ有投手は17日(日本時間18日)、本拠地のレッズ戦で先発。初回に7球で先取点を献上するなど3失点したが、2回1死から球団新記録の8者連続三振。7回13三振を奪い、6安打4失点と力投を見せた。しかし、打線の援護に恵まれず、7敗目(6勝)を喫した。2-4で敗れたチームは連勝が5でストップした。

 初回にボットの右翼線適時二塁打、アキーノの左中間16号2ランを被弾。3失点と苦しい立ち上がりとなったが、その後は圧巻だった。2回1死から投手グレイから球団新記録の8者連続三振。4回までの12アウトのうち11アウトを三振で奪った。5回にスアレスの中前適時打で4点目を許し、7回102球(ストライク69球)を投げ、13奪三振1四球、6安打4失点。8月9日の敵地レッズ戦以来の7敗目を喫したが、本拠地を沸かせる力投だった。

 ダルビッシュ奪三振ショーファンは大興奮だった。カブス公式インスタグラムが「ユウ・ダルビッシュが8者連続奪三振カブスの記録を更新!」と動画付きで伝えると、喜びの声で溢れかえった。

すごい、彼は絶好調!!」

「カムバック賞」

「ユウが大好き!!!」

「ワォ!」

ビーストモード

「ユーーーーーーーー!!!!!」

「またユウが打者を圧倒するを見られて楽しい」

「彼が投げるのを見るのが好きだ」

「徐々に金額に見合うようになってきている」

 チームは地区首位カージナルスと2ゲーム差の2位タイ。勝ち星をつかめなかったが、ダルビッシュポストシーズン進出を目指すチームの大きな戦力となりそうだ。(Full-Count編集部)

本拠地でのレッズ戦で球団新記録の8者連続含む13三振を奪ったカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】