ザルツブルクに所属するノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、チャンピオンズリーグ(CL)で大会史上3番目に若いハットトリック記録者となった。18日、イギリスメディアBBC』が報じている。

 17日に行われたザルツブルク対ヘンクの一戦で、19歳のハーランドが躍動した。立ち上がりの2分、南野拓実からラストパスを受けると右足ダイレクトシュートを流し込む。34分には、ファン・ヒチャンからのスルーパスを冷静にゴールに結びつけた。そして45分、再びヒチャンアシストからネットを揺らしたハーランドハットトリックを達成。ザルツブルクの6-2の勝利に大きく貢献した。

 19歳58日でハットトリックを記録したハーランド。ハーランドより先にCLでハットトリックを記録していたのは、ラウール・ゴンサレス氏 (18歳113日/レアル・マドリード在籍時)とウェイン・ルーニー (18歳340日/マンチェスター・U在籍時)のみだ。

 新しい世代を代表する“怪物”が、また1人誕生した。

CLのヘンク戦でハットトリックを達成したハーランド [写真]=Getty Images