ロンドンブーツ1号2号田村淳さん(45)が自身のTwitter9月5日、在籍していた慶應義塾大学の通信課程を辞め、慶應義塾大学大学院に入学していたことを明かしました。



 2017年には『偏差値32の田村淳100日で青学一直線~学歴リベンジ~』(AbemaTV)で、青山学院大学を受験。タレント業をこなしながらも、仕事終わりや移動中、美容室で髪を染めながら……と猛勉強しましたが、全学部不合格という結果になってしまいました。

 番組終了後の2018年4月から通っていた慶應義塾大学の通信課程も中退し、2019年4月より慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科に入学。現在は週5日通っているそうです。

 淳さんのように社会人になってから大学受験をした有名人は他にもいます。今回はそんな5人を紹介します。

内村光良:日大芸術学部を受験

 芸人、俳優、映画監督と、さまざまな顔を持つ内村光良さん(55)。大の映画好きで、芸人をしながらも映画監督になりたいという夢を持っていました。1992年から1995年まで放送されていたバラエティ番組『ウンナン世界征服宣言』(日本テレビ系)では、日本大学芸術学部の映画学科を受験する企画が行われました。

 270日の猛勉強の末、受験に挑み、国語と英語の学科試験が行われる一次試験に合格。二次試験の面接に進みましたが、面接で「完全に芸能人を辞めて学業に専念する」という条件が出されたために進学を断念。大学生になることはできませんでした。

 しかしその後、2006年草野球を題材にしたコメディ映画『ピーナッツ』で監督デビューし、夢を叶えています。

エド・はるみ:51歳で慶應大学院に入学

エドはるみ
「グーグー Sun バ!」(よしもとアール・アンド・シー
 2008年流行語大賞を受賞し、『24時間テレビ』のチャリティーランナーを務めたこともある、エド・はるみさん(55)。

 もともとエドさんは、明治大学文学部を卒業していますが、2016年に51歳で慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科に入学。大学院在学中の2017年には、小池百合子東京都知事が主宰する政治塾「希望の塾」にも参加しています。2018年に修士課程を修了し、無事に大学院を卒業しました。

 大学院卒業時には「仕事と両立しながら研究を進めてまいりました」、「なかなかハードスケジュール」とコメントしています。卒業はしましたが、今後も研究を続けていくそうです。

堀江貴文:勉強時間40時間で東大受験も…

ドラゴン堀江
AbemaTVドラゴン堀江』ページより
 宇宙ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ(IST)」を立ち上げ、2019年5月には民間単独として国内初のロケット打ち上げ成功を成し遂げ、世間を驚かせた堀江貴文さん(46)。

 東京大学出身の堀江さんですが、高校時代の成績は最下位に近かったそう。高校3年生の夏ではF判定にも関わらず猛勉強の末、東京大学教養学部に合格。しかし、24歳のときに中退してしまいます。

 それからおよそ20年。2018年に配信された東大受験をテーマにした番組『ドラゴン堀江』(AbemaTV)で、文科一類の受験に挑戦します。総勉強時間は40時間程度でしたが、結果は一次試験通過、二次試験で不合格となりました。番組の最終回では「受験系で落ちたのは初めて」と語っています。



中丸雄一:24歳で早稲田大へ。卒論は最高評価

 KAT-TUNの中丸雄一さん(36)は、中学3年生のときにジャニーズ事務所に入所し、高校2年生でKAT-TUNとしてデビュー。高校卒業後は仕事に専念していましたが、24歳のときに通信教育課程である早稲田大学人間科学部eスクール人間環境科学科に入学します。

 大学に入学した理由を「デビューして大人に会うこと多くなったけど、(自分が)上手く会話できなかったことに気付いて大学に入った」と、2013年3月放送の『シューイチ』で語っています。

 ドラマコンサートツアー、期末テストと重なったこともあったといいます。それでも午前中に勉強、午後は仕事というスケジュールで5年かけて卒業。卒論のテーマは「黒人音楽のグローカリゼーション」で、最高評価の「A+」という評価を獲得していたことが話題となりました。

萩本欽一:73歳で大学生に。4年間通うが…

萩本欽一
『運がよくなる仏教の教え』(集英社
 かつて“視聴率100%男”と呼ばれていた萩本欽一さん(78)は、73歳で社会人入試で駒澤大学仏教学部に一発合格。

「入学動機はボケ防止」と公言した萩本さんですが、「笑いと仏教」をテーマに勉学に励み、2016年には駒澤大学の先輩である僧侶・千葉公慈さんとの共著『運がよくなる仏教の教え』を出版しています。

 大学へは4年間通ったものの、2019年5月に自主退学しています。6月に『ラジオビバリー昼ズ』に出演した際には、理由について「大学生を続けながら笑いの仕事に集中できない」「80歳になったら体が動かなくなる。だからあと2年(お笑いを)一生懸命やろうと思う」と説明しました。

TEXT/ちよまる子

【ちよまる子】

東京都出身。テレビをこよなく愛するライターTwitter:@chiyomarumaruko

※AbemaTV『ドラゴン堀江』ページより