【元記事をASCII.jpで読む】

予選の結果がそのまま反映されない
オートポリスの予測不可能な決勝レース

 9月8日大分県オートポリスで「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 6 AUTOPOLIS GT 300km RACE」の決勝レースが開催された。GT300クラスを中心にレポートする。

 7日に行なわれた予選で、ダントツトップタイムマークした25号車(HOPPY 86 MC)がポールポジションを獲得。続く2番手グリッドには52号車(埼玉トヨペットGB マークX MC)と、フロントローはマザーシャーシ勢が独占。その後には7号車(D'station Vantage GT3)、61号車(SUBARU BRZ R&D SPORT)、4号車(グッドスマイル 初音ミク AMG)が続いた。

 14時30分、白バイパトカーが先導するパレードラップからフォーメーションラップに続いてレーススタート。このスタートは25号車が素晴らしいダッシュを決めて、最初に第1コーナーへ飛び込んでいく。また、このスタートラップで上手くポジションを上げた4号車が4番手に上がり、予選3位だった7号車が5位までポジションを下げてしまうことになった。

 スタートから順位の入れ替わりの激しい展開となったオートポリス戦だが、序盤早々にGT500マシンアクシデントにより3周目にセーフティーカー(SC)が導入され、トップグループアドバンテージがほぼゼロとなってしまった。

 そのSC導入中に61号車がスローダウン。SC解除後、すぐさまピットインするが、ミッショントラブルにより一度はコースに復帰したもののリタイアとなった。

 61号車が脱落したのちは上位4台による激しい攻防が続く。しかし、スタート時に見せた速さが見られなかったのは25号車。25号車は12周目には52号車にトップの座を譲ってしまい、その後もじりじりと後退していく。トップに立った52号車は、マザーシャーシとブリヂストンタイヤという巷で最強の組み合わせと噂されるポテンシャルで、2位以下に徐々にアドバンテージをつけようとするが、18周目に思わぬ事態が訪れる。

いつだってレース
ドラマチックに変えるのは雨

 突然降り出した雨により、第1コーナー周辺はウェットコンディションになってしまう。しかし、1コーナー以外の場所はドライ路面という難しい状況。路面が少し濡れた状態ではなぜか強い4号車がこの混乱に乗じてトップに踊り出る。そして雨はついにコース全域で降り出し、30周目を過ぎたあたりからレインタイヤを選択するチームピットインを始めた。その後、雨は小降りになりスリックタイヤに交換するチームも現れる。そんな状況下での34周目、22号車(アールキューAMG GT3)がクラッシュしてしまい、2度目のSCが導入された。

 この段階でウェットタイヤ、スリックタイヤ、まだピットインしていないスリックタイヤを履いたチームが混在する状態となり、順位が大幅に変わる。40周目にSCが解除になるや否や、9号車(PACIFIC MIRAI AKARI NAC PORSCHE)がコースアウト。43周目から3度目のSC導入となってしまった。

 49周目にSC解除となると2度目のSCの前にレインタイヤを選択したチームが上位へと上がって来る。その筆頭は55号車 ARTA NSX GT3。一気にポジションを上げていきトップに躍り出る。しかしARTA NSX GT3は先のピットアウトで他のマシンと接触してしまいドライブスルーペナルティとなって順位を落としてしまうことになった。

 そして、その後に速さを見せたのが720号車(McLaren 720S)。88号車(マネパ ランボルギーニ GT3)を58周目に追い抜いてトップに浮上する。しかし、徐々に路面が乾いてきた終盤、なんとラップタイムで1周6秒以上も速いという勢いで追いついてきたのが60号車(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3)。スリックタイヤで我慢を重ねてきた60号車が路面の乾きとともに上位へあがってきたのだ。

 そしてラスト4周で720号車を抜いてトップに浮上、そのままチェッカーを受けた。ウェットの不利な条件の中、ラストドライに賭けて粘りに粘った60号車。チームとしては今季初優勝で、ドライバーの吉本大樹選手はSUPER GT参戦100戦目というメモリアルなレースで優勝という二重の喜び。相棒の宮田莉朋選手はSUPER GT初優勝だった。また、2位の720号車は参戦初年度で初表彰台を獲得という結果になった。

苦しい条件だからこそ
チーム力が光ったレース

 予選日はドライながらタイヤダメージを与えやすい荒れた路面と、そこに薄っすらと覆いかぶさり路面を滑りやすくしてしまう阿蘇山からの火山灰、そして決勝日での目まぐるしく変わるゲリラ豪雨のような天候という悪条件で行なわれた過酷なレースではあるが、その順位を運の一言で片付けるわけにはいかないだろう。タイヤ選定の意志と決断、不利な状況下で有利に働くポジションの模索など、過酷であるがゆえにチームの作戦が光ったレースだった。

 次戦は9月21~22日に開催される、マモノが棲むというスポーツランドSUGOマモノが動いたとされる数々のドラマを生んだサーキットで今年はどんなドラマが生まれるのであろうか。

SUPER GT第6戦オートポリスは悪天候を制した60号車が優勝!