「ヒプノシスマイク」飴村乱数役などで知られる声優の白井悠介が、AbemaTVの声優トークバラエティ「声優と夜あそび」火曜日の人気企画「官能小説朗読会」に参加した。火曜MCを担当する金田朋子木村昴とともに熱演を披露している。

 白井は、前日に続き、9月17日生放送された「声優と夜あそび」にもゲスト出演して、金田朋子((「おしりかじり虫おしりかじり虫役や「けものフレンズ」トキ役など)と木村昴(「ドラえもんジャイアン役や「ヒプノシスマイク山田一郎役など)とトークを繰り広げた。

 白井は珍獣キャラで知られる金田とも堂々と渡り合い、形態模写バトルなどで番組を盛り上げた。さらに「声優と夜あそび」火曜日の人気企画である「官能小説朗読会」にも参加。白井は主人公役、金田は主人公を誘惑する美女役、木村はナレーション役を担当した。時折「コンプラ」として伏せられながらも、普段よりも過激な内容が演じられた。プロ声優3人が熱演を披露しており、とくに白井は今回が初めてとは思えないほどノリノリだった。また、「コンプラ」という言葉の意味がわからず戸惑う金田に対して、白井は「昆布の天ぷらのことですよ」と嘘を教える一幕もあった。演技を終えた白井は、「物足りなさを感じますね」と言い放ち、レベルの高さを見せつけた。

 白井の顔芸などコミカルな要素もあったが、やはりプロの演技に感心させられた視聴者が多かった様子。コメント欄では、「だーさんふざけててもやっぱプロやなー」「白井プロ最高ありがとう…」「すばるさんナレーションほんとうまい」「イケボすぎて辛い」など称賛の声が寄せられている。
「ヒプマイ」声優・白井悠介が官能小説を朗読 視聴者から称賛の声「イケボすぎて辛い」