阿芙株式会社2019年9月18日(水)より、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、スタイラスペン「Smart wisdom light」の先行販売を開始しました。
https://greenfunding.jp/afustore/projects/3183

24時間365日あなたの口健康をしっかりとサポートしてくれる自動除菌スタンドSmart wisdom light』!

毎日使うお箸や歯ブラシなど口に入れるものをスタンドに入れるだけで、たった1分間で感染予防対策が可能となります!暮らしの「定番アイテム」です!

Smart wisdom lightの知ってほしい6つのポイント
1.UV-C LEDライト+光触媒抗菌ダブル除菌による殺菌率99.9%!
2.熱感センサー搭載でヘッドを差し込んで自動除菌!
3.配線のないソーラーパネル式充電!
4.大容量タイプ、1台で家族全員利用可能!
5.エリア分け&置き掛け兼用、安定感も◎
6.丸ごと水洗いできる!いつも清潔な状態を。

◆口の中に入れるものを考え直してみませんか?

私たちが毎日使うお箸や歯ブラシ。毎日洗って乾燥していても完全に除菌することは中々難しいです。家族で置く場所が同じの場合、お互いの細菌を交換しあう事にもなるのです。

菌は目には見えないので実感が湧きませんが、気が付かないうちに増殖や繁殖している可能性があります。唾液を媒介とする感染病もあるので除菌はとても大切です。
かつて日本では男女とも「胃癌」の発症率が高い、2017年の死亡数が多い部位は順に、男性なら胃2位、女性 なら胃4位です!東アジアでは非常に発症率が高く、世界に目を広げてみても、癌の中で5番目に多く、死因では3番目と危険な病気です。

口腔内の細菌を減らすだけで大病のリスクを回避できることは非常に重要です。
※出典:最新がん統計(https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
というわけで、気になり始めたのがこのお箸&歯ブラシ除菌スタンドSmart wisdom light』!
Smart wisdom light』であれば、感染予防対策もバッチリ◎、99.9%殺菌で家族みんなの健康を守ることが出来ます。
1.強力なUV-C LEDライト
UV-C LEDライトは国際的に認められる波長240280nmのUV光で、360度、99.9%の殺菌を実現することに成功しました。
細菌のDNAを直接破壊するだけでなく、DNAやRNAの再生もできなくなるUV-C LEDライトは6~10秒で除菌します。 2.安全で効果的な光触媒抗菌
光触媒は太陽の光や紫外線が当たると表面で強力な酸化力が生まれ、細菌細胞膜と悪性ウイルスたんぱく質を破壊、接触してくる微生物や細菌などの有害物質を除去することができます。時間は約1分で完了し、これにより清潔、脱臭、抗菌、浄化効果あります。

UV-Cライトと二重の殺菌効果があり、高効率で清潔、無菌な歯ブラシ&お箸を抗菌状態で保ち続け、安全性も効果もワンランクアップした状態が続きます。
▲UV-B&UV-Cとは?
UV-BとはUltraviolet Bの略で、280320ナノメートルの中程度の波長を持つ紫外線です。雑菌を壊滅死、再生不能にする効果があります。
UV-CとはUltraviolet Cの略で、波長は、100280ナノメートルの紫外線です。除菌、除去を行う効果があります。

UV-B、UV-CのW殺菌効果は絶大です。

▲インテリジェント対応、賢い除菌スタンド
便利な赤外線センサー搭載。2m以内を感知し、近づくとUVランプが点灯し、自動的に殺菌作業を開始します。
食器類を使用するシーンはもちろん、近づくだけで自動殺菌が稼働するので24時間365日安心した食器を使うことができます。
▲全てに優しいソーラーパネル充電!
太陽の光、照明の光を転換して使用するので、頻繁に充電をする必要がありあせん!省エネにもなり、充電コードが邪魔になることもありません。

▲2ヶ月間も利用可能なバッテリー搭載
もちろん、便利なUSBポート充電も対応します!
本体の電源として内蔵リチウム電池、USB充電とアモルファスシリコンソーラーパネルを採用しており、連続稼働期間はなんと約2ヶ月間です。
※初めて使用する時は、6-12時間は充電することをお勧めしています。
▲大容量なのにほどよい安定感
歯ブラシスタンドなら、最大4本の歯ブラシ・1本の髭剃り・1本の歯磨き粉まで対応できます!
お箸スタンドはお箸、スプーンフォークナイフを一気に雑菌消毒可能で、30本のお箸も収納できます。
安定感があり倒れにくい構造のため、お箸などのバランスが悪くても転倒することはありません。

基本スペック

配信元企業:阿芙株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ