讃岐うどん店を展開する「丸亀製麺」をめぐる「うどん論争」に、国民民主党玉木雄一郎代表(衆院香川2区)が2019年9月18日の定例会見で「参戦」した。

丸亀製麺をめぐっては、讃岐うどんブーム仕掛け人集団「麺通団ウェブサイトの「団長日記」で、「讃岐うどんに対するリスペクトが全く感じられない」などと批判したことがネット上で話題を呼んでいる。このことについて所感を求められた玉木氏は、丸亀製麺ビジネスモデルを高く評価する一方で、「やっぱり本場のうどんの方がおいしいと思います」とも。「丸亀製麺讃岐うどんを知った方は、ぜひ本場の香川県に来て、讃岐うどんをしっかり食べていただきたい」などと呼びかけた。

国内外に1000店舗以上、香川県には...

丸亀製麺を展開するトリドールホールディングスは、本拠地を神戸市に置く。同社のウェブサイトによると、国内に825店舗、海外13の国と地域で225店舗を展開しているが、「本場」香川県には2店舗のみだ。

先に触れた「団長日記」(9月14日付)では、「多くの『誠実な讃岐人や讃岐うどんファン』たちから丸亀製麺に対するネガティブな感情が出てくる」理由のひとつとして、

香川県の会社でもなく香川県うどん店や製麺業をやっていた実績もないのに『讃岐うどん』を名乗り(「讃岐釜揚げうどん」の看板を掲げて)、単店舗の『讃岐うどん店』ではなく、『讃岐うどんチェーン』として全国展開を始めたこと」

などと説明。ツイッターなどで拡散されていた。

「このビジネスモデルは(略)やっぱり非常に驚嘆すべきこと」

玉木氏は、記者からの質問を受け、香川県内1号店(12年出店、15年撤退)を訪れた感想を「まあ、まあまあおいしかったかな」とする一方で、「香川県ですから残れなくて、撤退しちゃったんですよね」とも話した。一方で、世界的な店舗展開については、

「このビジネスモデルは、香川県の会社ではありませんけれども、やっぱり非常に驚嘆すべきことで、香川県うどん屋さんや、うどんの会社から、こういう世界展開できる企業が出なかったことは逆にちょっと悔しいなぁという思いはあります。ただ、讃岐うどんの名前を全国に広めてくれたのは、やっぱり丸亀製麺の大きな功績のひとつだと思うので...」

などと高く評価した。

だが、味については「本場」が勝っているという自負を隠さなかった。

「ただ、やっぱり本場のうどんの方がおいしいと思います。なので、丸亀製麺讃岐うどんを知った方は、ぜひ本場の香川県に来て、讃岐うどんをしっかり食べていただきたい。行く店に困ったら、私、案内しますから。是非、讃岐に来て讃岐うどんを食べてもらいたいな、と言うのが感想ですね」

J-CASTニュース編集部 工藤博司)

定例会見で「うどん論争」について語る国民民主党の玉木雄一郎代表