同棲する男女が、日々のマンネリ化を防ぐために「ハグの日」を決めようとする漫画が「尊すぎる」とツイッターで話題です。漫画家すずゆきさんによるこの漫画で描かれるのは、ある同棲カップルの会話。アラサーOLの彼女に、年下の彼氏が定期的なスキンシップを求め「ハグをする日」を決めようと提案するのですが……彼女からの返事は意外なものでした。

【漫画を読む:なるほどハグの日ね】

 読む者をキュン死させそうなこの作品に登場する男女は、すずゆきさんが漫画サイトくらげバンチ」で連載中の「ふたり明日もそれなりに」に登場する優弥(25)と里央(28)。2人は同棲2カ月目という設定です。

 優弥がぼーっとテレビを観ていると、「恋人と長続きするためにやっていること」を聞く街頭インタビューが流れています。画面のなかでは若い女性が「毎週月曜日ハグの日にしています」と答えているのを聞き、何かを閃いた様子。優弥は外で働く里央が帰宅するやいなや、両手をそっと広げて彼女をハグしようとしますが、里央は天然なのか(ハグだけに)はぐらかされてしまいます。

 夕食どき、改めて「ハグの日」を設定しようと提案する優弥。里央も「なんかドラマか漫画で見たことあるわ」とイヤではなさそう。優弥はすぐさま畳みかけます。「毎週火曜日どうでしょう」「水曜でもいいよ」。しかし、里央はもっもっもっと、ご飯を食べ続けます。「木曜?」、いや「金曜」と提案するも返事をもらえないままの優弥はついに、「隔週…金曜…どうですか」と大きく譲歩してしまいます。

 そこで里央は、ひとこと。「それって、毎日じゃダメなの?」。うーんと考え込んだ優弥は、数秒後「それは最高じゃないか?」。こうして2人のハグの日は「毎日」ということに。

 決して感情豊かではないけれど、仲むつまじさが伝わってくるような2人の関係性に、ツイッターでは「はぁ~………………好き」、「私の心にクリーンヒット」などと悶える人が続出している模様です。

 なお、優弥と里央の2人のその他のエピソードは「くらげバンチ」で読むことができるため、思わずそちらに読みふけってしまう人もいるようです。

※画像提供:すずゆきさん

「ハグの日」について感心を示す年下彼氏さん