中露両国は国交樹立以来の70年の時を経て、新たな出発点に立った。戦略的な相互信頼と利益の融合をさらに1歩深め、国民の心を通い合わせることを促進し、国連を中核とする国際システムを共同で守ることで、新時代の中露協力は強力な活力を放出し、さらに一歩深く実際的に進んで行く。
 中国政府の李克強総理がロシア訪問期間中、両国の協力の方向を企画し、10余りの協力文書に署名し、次のステップの協力の措置を明確にした。このことで中露の実務協力が新たな段階に入ることが推し進められ、新時代の中露関係の発展のために新たな動力が注入されることは疑いがない。
 双方の努力により、中国側が優勢である産業、資金、市場と、ロシア側が優勢である資源、科学技術、人材がよりよく接合され、中露協力の重点は従来のエネルギー分野から高度な科学技術分野に拡大・レベルアップされると予想できる。中露の協力は両国の経済社会の発展に新たなエネルギーを注入し、両国国民によりよい幸せをもたらす。(CRI論説員)



その他の写真
中露両国は国交樹立以来の70年の時を経て、新たな出発点に立った。戦略的な相互信頼と利益の融合をさらに1歩深め、国民の心を通い合わせることを促進し、国連を中核とする国際システムを共同で守ることで、新時代の中露協力は強力な活力を放出し、さらに一歩深く実際的に進んで行く。  中国政府の...