天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権大会ラウンド16(4回戦)が18日、各地で行われた。

 ヴァンフォーレ甲府は2回戦で東京ヴェルディ3回戦ガンバ大阪を立て続けに破った法政大学と対戦した。90分で試合に決着がつかず、延長戦へと突入。延長前半開始直後に甲府が勝ち越しゴールを挙げ、準々決勝進出を決めた。

 ヴィッセル神戸川崎フロンターレの一戦は、神戸が山口蛍と古橋亨梧のゴールで前半を2点リード折り返した。後半に入ると神戸がさらに1点を追加。その後、2点を返した川崎は試合終盤攻め込むものの反撃は実らず、試合はこのままタイムアップ。J1対決を制した神戸が準々決勝進出を決めた。

 V・ファーレン長崎ベガルタ仙台ホームに迎えた。1点ビハインドの仙台は86分、ハモン・ロペスゴールで同点に追い付く。しかし直後の87分、長崎の長谷川悠が逆転ゴールを決め、長崎が準々決勝に駒を進めた。

 サンフレッチェ広島大分トリニータの一戦は120分戦って決着がつかず、PK戦へ。10人目までもつれ込んだPK戦は、大分が勝利し次へと繋げた。

 4回戦の結果は以下の通り。なお、鹿島アントラーズ浦和レッズアジアチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦を戦った関係で、9月25日に試合が行われる。

9月18日
ヴァンフォーレ甲府 2-1 法政大学
ジュビロ磐田 1-1(PK:3-4)  清水エスパルス
ヴィッセル神戸 3-2 川崎フロンターレ
サンフレッチェ広島 1-1(PK:9-10) 大分トリニータ
サガン鳥栖 4-2 セレッソ大阪
V・ファーレン長崎 2-1 ベガルタ仙台

9月25日
鹿島アントラーズ vs 横浜F・マリノス
浦和レッズ vs  Honda FC

神戸の先制点を記録した山口蛍(写真は今年3月のもの) [写真]=Getty Images