AbemaTVが、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くオリジナル恋愛リアリティショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』の第6話を、9月14日(土)夜11時に放送した。

この番組は、若手俳優が、“キスシーン”のある恋愛ドラマの撮影をしながら、“本当の恋に落ちていく”様を追いかける恋愛リアリティショー。全12回の放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。高崎凌(以下、りょう/20歳)、西川俊介(以下、シュンスケ/25歳)、藤田富(以下、とむ/27歳)、山口大地(以下、ダイチ/31歳)、小泉遥(以下、こいはる/23歳)、後藤郁(以下、かおる/23歳)、詩島萌々(以下、もも/21歳)、西野未姫(以下、ミキ/20歳)、溝口恵(以下、めぐ/25歳)ら若手俳優の男女9名が主演の座をかけてオーディションに挑む。今回は、前シーズンと真逆の男性4名、女性5名の女性が1名多い男女構成となり、ペア決めでは必ず1組が男性1名、女性2名の三角関係のペアになるという“壮絶”なルール設定となっている。

■2人の男に天国と地獄を味わわせる女優の告白も、渡辺直美「ほ〜ら。やってくれたね」とお見通し

9月14日の放送では、2泊3日の夏合宿を行い、女性メンバーから意中の相手に思いを告げる“中間告白”と、“ダンサーたちの恋模様”を描くドラマ撮影に向け、メンバー全員で挑むダンスシーン撮影を放送。冒頭のダンスシーンの撮影では、“9人全員で成功できなければ、誰か1人がドラマに出演できない”という過酷なルールに悪戦苦闘となるも、見事全員で成功。そして、中間告白では、ダイチととむの間で揺れ動いていたこいはるがとむを呼び出し、MC陣を「イヤーーー!」と騒然とさせる。 渡辺直美、谷まりあは「やっぱりー!」と驚きながらも納得の様子だが、MC男性陣は「うわー!そうきたか……」と愕然。“ダイチを呼び出すだろう”と予想していた小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が「マジか……もう〜!」と嘆くようにコメントする中、こいはるの告白に、とむも「中間告白が男側からあるんだったら、迷いなく、絶対行こうと思ってた」と返し、この2人が両思いであることが判明。そんな2人の様子に渡辺直美は「ダイチかわいそうすぎない?」と、一途にこいはるを思うダイチに同情し、ほかのMCメンバーも「かわいそうだよ!」と口を揃えた。そして、中間告白を見届けると、「ほ〜ら。こいはるが、やってくれたね」と、ため息混じりにコメントする渡辺だった。

西野未姫の届かぬ思いにGENERATIONS小森も「寂しい〜」、渡辺直美も「ヤバイ、ズバズバくる」と同情

第6話となる今回の放送では、2泊3日の夏合宿がスタートし、女性メンバーから思いを告白する中間告白が行われた。合宿冒頭では、今回撮影する“ダンサーたちの恋模様”を描いたドラマダンスシーンの撮影に挑戦。全員でダンスをした後、ペットボトルゴミ箱に入れるというチャレンジは、“9人全員で成功できなければ、誰か1人がドラマに出演できない”という過酷なルールの元、見事、5時間の制限時間ギリギリで成功。あまりの過酷さと達成感に涙を流すメンバーの姿に、スタジオのMCも「よかったー!」拍手を送った。

合宿2日目、渡辺が「あ〜ん楽しみ〜!」と期待を込める中、いよいよ中間告白。今回、告白できるのは女性からのみとなり、まずはももが告白の場へ。第一印象から思いを寄せるりょうを呼び出し思いを告げると、りょうも「嬉しい」と答えるが、演技のために違う相手とペアを組むという決断を下した2人だった。そして、ミキは前回のドラマで一緒に主役を演じたダイチを呼び出す。「演技だけじゃなくて、またペア組みたいなって思うようになった」と思いを告げるが、一途にこいはるを思うダイチは「今女性陣で1番、一緒にいて気を使わないのはミキちゃん。そういう意味での居心地はいい」と、ミキに抱く感情が特別ではないことを示唆する。これに対し、渡辺直美は「ヤバイヤバイ、ズバズバくる」とミキの心境を思い、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は「寂しい~」と、ミキの届かぬ思いに切なさを込めた。

そして、渡辺が「真打ち登場!」と大注目する、こいはるが登場。第一印象で気になっていたダイチと気になり始めたとむのどちらを呼ぶのか、MC陣は告白相手が現れるまで「どっち!?」「とむじゃない!?」「ダイチでしょ!」と大盛り上がり。そこで、1人待つこいはるの元へとむがやって来ると、MC一同は「イヤーーー!」「うわーーー!」と騒然。こいはるは「始まった当初から1番ギャップを感じたのがとむだった。もっと知りたいと思ったのも、とむだった」と語り、とむに気になる相手がいるのかと問いかける。こいはるの質問に対し、とむは前回脇役として一緒に出演したドラマ撮影の合間に、ダイチとこいはるが話しているのを見て「何話すことあんの?って思ってすごく嫉妬したの。その瞬間、“俺、絶対的にこいはるのこと気になってるわ”って思った」と明かし、「中間告白が男側からだったら絶対にいこうと思ってた」と“逆告白”する展開に。こいはる、とむの両思いが判明した一方、こいはるから呼び出されると思っていたダイチは「受け入れ難いですね。どこかで信じていたかもしれないですね」と沈んだ声で語った。中間告白を見届けた渡辺は「ほ〜ら。こいはるが、やってくれたね」と、2人の男を一喜一憂させるこいはるに対し、ため息混じりにコメントした。

■『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』
恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive act.6
番組URL https://abema.tv/channels/abema-special/slots/CVrHyzSFxm1zDd

MC:渡辺直美 矢野聖人 ジャルジャル福徳秀介 GENERATIONS from EXILE TRIBE小森隼 谷まりあ 
出演者: 高崎凌 西川俊介 藤田富 山口大地 小泉遥 後藤郁 詩島萌々 西野未姫 溝口恵 (50音順)

※提供画像 (C)AbemaTV