忙しい人たちの時短・簡単ニーズから、ジッパー付き保存袋を使った冷凍による下味付け調理は、美味しさもアップするため、家族からも手抜きと思われない格好の技。

目からウロコ!冷凍王子に聞く意外と知らない「冷凍保存」の裏技

そのジッパー付き保存袋の代表ともいえるジップロックの下味冷凍レシピとそれを使った料理例、下味付けのコツをご紹介します。

下味冷凍は簡単、おいしい!

ジップロックを販売している旭化成ホームプロダクツは「下味冷凍」を勧めています。

休日に「ジップロック フリーザーバッグ」に肉や魚などの素材を入れ、下味をつけて冷凍保存しておきます。そして平日の朝に冷蔵庫の冷蔵室へ移動すれば、夕方頃には解凍完了し、そのまま焼く、炒めるなどの調理をするだけで、時短でメインおかずが完成!

下味がついているため、解凍してそのまま焼くだけでもおかずができあがるのが大きなメリット。時間に余裕のあるときは、そこからアレンジすれば、バリエーションも広がります。

つまり、時短調理と美味しさが同時に実現するという一石二鳥アイデアなのです。

下味冷凍おすすめレシピ3選!&応用レシピ

そこでおすすめの下味冷凍のレシピを3つと、それぞれ一つずつ活用レシピ教えていただきました。

1.「鶏肉のスパイスヨーグルト漬け」

【材料】(2人分)

【作り方】

  1. 鶏肉は皮目にところどころフォークで穴を開け、半分に切る。
  2. 「ジップロック フリーザーバッグ(M)」にAを入れ、バッグの上からよくもんで混ぜ合わせる。
  3. (2)に(1)の鶏肉を入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、1~2時間漬け込み、冷凍保存。

この下味冷凍で作ることができるメニューは…

応用編「タンドリーチキン

【作り方】

  1. フライパンに「クックパーフライパン用ホイル」を敷き、下味冷凍「鶏肉のスパイスヨーグルト漬け」のたれをぬぐい、皮を下にして並べる。中~弱火で片面5~6分ずつ焼く。
  2. 食べやすい大きさに切って、器に盛りつける。

ワンポイント

魚料理も下味冷凍で楽ちんおいしい!

2.「合いびき肉洋風ミートだね」

【材料】(作りやすい分量)

【作り方】

  1. Aを合わせ、なじませておく。
  2. ボウルに合いびき肉と塩を入れ、粘りが出るまでよく混ぜ、(1)と残りの材料も加え混ぜる。
  3. (2)を使いやすい分量ずつ「ジップロック フリーザーバッグ(M)」に入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、平らにして冷凍保存。

この下味冷凍で作ることができるメニューは…

応用編「ミートボールなすのトマト煮込み」

【材料】(2人分)

【作り方】

下準備 下味冷凍した「合いびき肉洋風ミートだね」は冷蔵室におき、解凍しておく。

  1. なすは1.5cm厚さの輪切りにし、水に5分さらしてアクを抜き、水けをふき取る。
  2. 鍋にオリーブ油、にんにくを入れ、にんにくきつね色になり、よい香りがするまで弱火で熱する。玉ねぎを加え、火をやや強めて玉ねぎが透き通るまで炒める。
  3. (2)に(1)のなすを加えて炒め、表面がしんなりしたら、Aを加える。
  4. (3)がひと煮立ちしたら、「合いびき肉洋風ミートだね」の入った「ジップロック フリーザーバッグ」の、下の角1ヶ所をハサミで斜めに切り落とし、適量のたねを絞り出してスプーンで丸くちぎり取り、順次加えていく。そのままふたをして2~3分加熱し、肉がかたまってきたら、全体をかき混ぜ、さらに5分ほど煮込む。
  5. 水分が減り、煮詰まってきたら、塩、こしょうで味をととのえる。器に盛って、パセリをふる。

3.「サケのみそヨーグルト味」

【材料】(3切れ分)

  • 生サケ…3切れ
  • 塩…適量
  • みそ…大さじ2
  • ヨーグルト(無糖)…大さじ4

【作り方】

  1. サケの両面に塩をふって5分ほどおき、キッチンペーパーで軽く水けをふき取る。
  2. 「ジップロック フリーザーバッグ(M)」にみそとヨーグルトを入れてよく混ぜ、(1)を加えて全体にいきわたるようになじませる。
  3. なるべく空気を抜いてジッパーを閉め、平らにして冷凍保存。

この下味冷凍で作ることができるメニューは…

下味冷凍、美味しくなる3つのコツ

応用編「サケのチャンチャン焼き風」

【材料】(3人分)

【作り方】

下準備 下味冷凍した「サケのみそヨーグルト味」は冷蔵室におき、解凍しておく。

  1. キャベツはざく切りに、玉ねぎは縦5mm幅に切る。しめじは石づきをとってほぐす。
  2. フライパンに「クックパーフライパン用ホイル」を敷き、漬けだれをぬぐった「サケのみそヨーグルト味」を並べ、中火で焼く(漬けだれはとっておく)。両面に軽く焼き色がついたら、いったん取り出す。
  3. あいたフライパンに(1)の野菜を入れて再び火にかけ、残った漬けだれに水を加え混ぜたものをまわしかけ、バターを加えて軽く炒める。
  4. (3)に(2)のサケをのせ、汁けをきったコーンを散らし、ふたをして弱めの中火で4~5分蒸し焼きにする。

下味冷凍、美味しくなる3つのコツ

続いて、下味冷凍のコツを、旭化成ホームプロダクツの担当者に教えていただきました。ぜひ参考にしてみましょう!

塩麹でジューシーなおいしさ!

旭化成ホームプロダクツ担当者(以下、担当者)「塩麹などで下味をつけて冷凍することで肉の組織を柔らかくして、ジューシーなおいしさを作ることができます」

美味しくするコツは「できるだけ空気を抜いて酸化を予防」

担当者「ジッパーを閉める前に、空気をできるだけ抜いて酸化を予防してください。1回分ずつ小分けにすることで、短い時間で冷凍でき、味や食感をキープできます。使いたい分だけ使えて便利です」

液体類は8分目まで入れて薄く伸ばして保存!

担当者「液体類は8分目まで入れて、薄く伸ばして保存ることも、冷凍時間を短くするためのポイントです。また、コンパクトに収納できるので冷凍庫の整理もできます」

休日に下味冷凍を数種類作っておくことで、平日の夕食やお弁当のおかずは簡単・時短に作ることができそうです。ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。

【取材協力・参照】旭化成ホームプロダクツ「下味冷凍のすすめ」