チェルシーのランパード監督、アトレチコのシメオネ監督らが上位に

 今季のUEFAチャンピオンズリーグが、現地時間17日に開幕する。本大会の開幕を前にして英メディア「GIVE ME SPORT」は「CL出場32クラブ指揮官ランキング」として監督たちを現役時代の成績によってランキング化。アトレチコ・マドリードディエゴ・シメオネ監督やマンチェスター・シティジョゼップ・グアルディオラ監督らが名を連ねるなか、1位にはレアル・マドリードジネディーヌ・ジダン監督が選ばれている。

 21位以下で注目したいのは、プロ経験の少ない何人かの監督がビッグクラブで指揮を執っていること。例えばパリ・サンジェルマンPSG)のトーマス・トゥヘル監督は、アウクスブルクのユース出身ながらトップチームに上がることはできず、現役終盤は3部リーグプレー。4年間主力を務めたものの、膝の怪我により25歳で引退を余儀なくされている。またリバプールユルゲン・クロップ監督も2部リーグ時代のマインツで11年間プレー。56のゴールを決めて現役を引退している。

 11位〜20位で目を引くのは、レバークーゼンピーター・ボス監督だろう。現役時代、RKCヴァーヴァイクやフェイエノールトで活躍したボス監督は、1990年台後半に日本のジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)でプレーして現役時代。日本に馴染みのある監督として知られている。

 トップ10は錚々たるメンバーが名を連ねる。アルゼンチン代表としてもプレーしたトットナムマウリシオ・ポチェッティーノ監督(10位)や兄弟でのクロアチア代表入りが有名なバイエルンのニコ・コバチ監督(8位)、セリエAレジェンドであるナポリカルロアンチロッティ監督(6位)、アルゼンチン代表の闘将として知られたシメオネ監督(4位)が上位に入った。

 また6度のリーガ・エスパニョーラ制覇など数々のタイトルを獲得したグアルディオラ監督が3位。2位にはチェルシーで648試合に出場し、211得点という記録を持つフランク・ランパード監督が入っている。

1位に選出されたのは“ファンの記憶に残る選手”だったジダン

 そんな豪華メンバーのなかで1位に輝いたのはジダン監督。ユベントスレアル、そしてフランス代表の一員として数々のタイトルを獲得。2002年のCL決勝レバークーゼン戦でのスーパーボレーや、2006年のW杯決勝における頭突き行為など、様々な場面で多くのファンの記憶に残る選手として、栄えある1位に選ばれている。

 英メディア「GIVE ME SPORT」が発表した「CL出場32クラブ指揮官ランキング」は以下のとおり。

1位 ジネディーヌ・ジダンレアル・マドリード
2位 フランク・ランパード(チェルシー
3位 ジョゼップ・グアルディオラマンチェスター・シティ
4位 ディエゴ・シメオネアトレチコ・マドリード
5位 アントニオ・コンテ(インテル
6位 カルロアンチロッティ(ナポリ
7位 シルビーニョ(リヨン
8位 ニコ・コバチ(バイエルン
9位 アルベルト・セラーデス(バレンシア
10位 マウリシオ・ポチェッティーノ(トットナム
11位 セルゲイ・セマク(ゼニト・サンクトペテルブルク
12位 エルネスト・バルベルデ(バルセロナ
13位 ファティ・テリム(ガラタサライ
14位 ピーター・ボス(レバークーゼン
15位 クリストフ・ガルティエ(リール)
16位 ネナド・ビエリツァ(ディナモ・ザグレブ)
17位 フィリップ・クレマン(クラブブルージュ)
18位 ルシアン・ファブレ(ドルトムント
19位 ユリ・セミン(ロコモティフ・モスクワ
20位 エリック・テン・ハーグ(アヤックス
21位 ジャンピエロ・ガスペリーニ(アタランタ)
22位 ペドロ・マルティンス(オリンピアコス)
23位 ユルゲン・クロップリバプール
24位 ブラダン・ミロイェビッチレッドスター
25位 ジェシー・マーシュザルツブルク
26位 ルイスカストロ(シャフタール・ドネツク)
27位 トーマス・トゥヘル(パリ・サンジェルマン
28位 ユリアン・ナーゲルスマン(ライプツィヒ
29位 マウリツィオ・サッリ(ユベントス
30位 ブルーノ・ラゲ(ベンフィカ
32位 ジンドリフ・トルピショフスキー(スラビア・プラハ
32位 フェリス・マッズ(ヘンク)(Football ZONE web編集部)

指揮官の現役時代を英メディアが“格付け”【写真:Getty Images】