ActivisionInfinity Wardは,北米時間の2019年9月19日スタートする「コール オブ デューテモダン・ウォーフェア」(PC / PS4 / Xbox One)のオープンβテスト第2フェーズで,PCとコンシューマ機のプレイヤーが参加するクロスプレイに対応すると発表し,さらに,32人対32人の新たな対戦モード「Ground War」が登場することを明らかにした。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)
リンク「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」公式サイト

 「Ground War」については,先週開催されたOBT第1フェーズ中,メインメニュー画面に定期的に表示されるメッセージ明らかになっていたもので,北米時間の9月21日から最終日の23日までの3日間,「Karst River Quarry」という新マップを利用してのプレイが可能になるという。
 これは,名称を公表せずに「50人対50人のチーム対戦をサポートする予定」とアナウンスされていたゲームモードのことであると思われ,安定性を重視するためOBTでは人数を制限して64人対戦として登場した可能性もある。いずれにしろ,「CoDシリーズの中では,最大規模の戦いが繰り広げられるはずだ。


 9月10日に掲載した記事でもお伝えしたように,PlayStation 4プレイヤーは誰でも9月19日からOBTに参加できるが,PC,Xbox One版のプレイヤーは予約購入者のみが参加でき,9月20日から全PCユーザーXbox Liveゴールドメンバーシップ所有者のアクセスが可能になる予定だ。
 相当な混雑が予想されるが,PC版プレイヤーNVIDIAの最新パッチダウンロードしておけば,リアルタイムレイトレーシングによるグラフィックス効果などが体験できるようだ。βテスト向けのPC環境のスペックが公開されているので,詳しくは公式サイトの当該ページを参照してほしい。

ムービー(※4Gamerへジャンプします)
リンクModern Warfare BETA: PC Customization Guide and BETA System Specs

 2人対2人の対戦が楽しめる「Gunfight」などのモードが公開されたOBT第1フェーズでは,ミニマップが表示されない(キルストリークで短時間の表示が可能)など,ゲームプレイに影響を与えそうな仕様が明らかになり,デベロッパとプレイヤーの間で熱い議論が交わされた結果,テスト3日目にはミニマップが復活するという対応が話題になっている。
 新たに公開された日本向けのパッケージフォトや最新スクリーンショットをこのページに載せたので,これらをじっくり鑑賞しつつ,オープンβテストを楽しみにしよう。



―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/462/G046258/20190919012/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
・PC コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
PS4 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
Xbox One コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア

―――――――――――――――――――――――――――――
(C) 2019 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, CALL OF DUTY BLACK OPS and MODERN WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.

「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」,オープンβテスト第2弾ではクロスプレイが可能。さらに,最大64人の対戦モード「Ground War」もプレイアブルに