元ももいろクローバーZメンバーで、現在はシンガーソングライターとして活動する有安杏果さん(24)の公式TwitterInstagramの不穏な動きが話題を呼んでいる。

有安杏果
※画像はTwitterより

アンチだけでなくファンも「#有安杏果ブロック祭り」

 有安さんは公式TwitterInstagramで9月頭から、彼女のアンチのみにとどまらず、ファン(通称、アプリコッター)のブロックを繰り返しているのだ。Twitterでは、ハッシュタグ「#有安杏果ブロック祭り」が生まれるなど騒動になっている。

 有安さんに対しては、これまでも悪質なコラージュ写真が作成されたり、脅迫ともとられるようなSNSでの投稿が行われたりしてきた。そのため一連の行為を「卑劣なアンチに対する対抗策」「杏果のために運営が下した判断なので受け入れる」と擁護する向きもある。

 その一方で、グループ卒業から再スタートした矢先の出来事に、「これまでのファンに対する裏切り行為」「ブロックする必要のない投稿にも過剰に反応している」「本人がブロックしているのではないか」など、否定的な意見も多く見られる。

 アンチコメントにとどまらず、応援しているファンの声さえも封じ込めてしまう理由は一体何なのだろうか。

今年2月にも同様の騒動が発生

コンピュータ
※画像はイメージです(以下同じ)
 実は今年2月にも同様の騒動が起きている。その時も有安さんはTwitter上でファンを大量にブロックし、話題となった。2度目となった今回は、より一層ファンの不信感が強まったかたちとなっている。

 ブロックされた人たちの傾向を探ってみると、前から、ももクロファン(モノノフ)として有安杏果さんを応援していた人が多く、「新規ファンに対してアプローチするために、なるべく身内感をなくしたいのかもしれない」とする声もある。

「有安さんのファンのほとんどはモノノフ時代からのファンでした。もしくは現在もモノノフを並行して続けています。もし有安さんの運営が“ももクロ時代の有安杏果”をファンに引きずってほしくないのなら、その姿を追い続けてきたファンとしては寂しいですね」

 実際にブロックされたというファンの一人はこう語り、難しい胸の内を明かしている。

卒業後に切った、不思議な再スタート

Happy Holidays
Happy Holidays』(クレヴィス)
 2018年1月、ももいろクローバーZを卒業した有安さん。そもそもの卒業理由は、子役時代から22年間身を置き続けた芸能界から一旦離れ、普通の女の子として暮らしたいというものだった。

 しかし、同年3月15日、23歳の誕生日を迎えると同時に、TwitterInstagramアカウントが開設され、ギターを抱えた彼女の写真とともに投稿がなされた。そして、今年の1月に自身のSNSで個人事務所アプリコットを設立したこと、自分のペースで音楽や写真といった表現活動を行っていくことを公表した。

 また、2月に本人がTwitterで交際を発表した一般男性(48)の存在。この男性が有安さんの所属する個人事務所アプリコットの代表を務めている。

 週刊誌『FRAIDAY』のスクープによると、男性は杉並区にある精神科・心療内科の院長を務める傍ら、年に50回ほどのセミナー、公演を行ったり、複数の著名アーティストの体調管理&メンタルヘルスケアにも携わっている。有安に対する精神的なサポートは、グループ活動中から行われていたとのことだ。

 20歳以上も年が離れた医師との交際、そしてその交際相手による個人事務所の運営を受けて、違和感を表明するファンの声もある。最近では先月8月の全国ツアーPop Step Zeppツアー」の最中に、自身のInstagramに投稿された姿がみるみる痩せているとして話題になっていた。

公式アカウントは誰が管理しているか

管理 スマホ

 今回のブロック祭りでは、アンチだけでなくファンブロックされているが、当初は有安自身が発信を行なっていた公式Instagramは今年3月前後から、事務所アカウントを管理している。また、Twitterに関しても9月5日前後から「Official Staff Twitter」の文言がプロフィールに追加されている。

 どのような基準でアカウント管理を行っているのか? また、今回のブロック騒動について、事務所側はどう答えるのか。今回、bizSPA!取材班がアプリコットに事実関係についてメールで問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

 SNSによるプロモーションが欠かせない今の時代では、その使い方一つでファンの気持ちは良くも悪くも動かされてしまう。アーティストの方針も尊重しなければならないが、有安さんのTwitterは12万人ものフォロワーがいる人気アカウント9月18日時点)。

 本来、見てもらうべきアーティストとしての一面を届けられるように、この一件を乗り越えて新たなスタートを切ってほしい。

TEXT/bizSPA!取材班>

【bizSPA!取材班】

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

『Happy Holidays』(クレヴィス)