大人になってもガチャは楽しい

オードリー若林正恭さんが9月14日深夜放送の「オードリーオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、中年男性が童心を持つことについて持論を展開した。自身が司会を務めるバラエティ「潜在能力テスト」(フジテレビ系)の収録後にお台場のショッピングモールに必ず立ち寄り、ストレス解消のためにキン肉マンガチャガチャを約2000円分やっているという若林さん。

ガチャガチャをやって自分の車に乗って帰る前にトイレに寄るんだけど、ガチャガチャをやる時は小学生の時と同じ気持ちなのに、トイレの鏡に写った自分の顔はメチャクチャ老けてるんだよね」
「顔だけが40歳。こわーって思う。めちゃオジサンじゃんって」

と心と見た目のギャップにショックを受けてしまったと話した。(文:石川祐介)

一方で「少年の心を忘れていないオジサンは嫌い」

春日さんは「それはどうにもならない」と流していたが、若林さんは、回転寿司店に行ってタッチパネルでオーダーした寿司が皿に乗って運ばれてくるときも、「来た来た来たーっ!」と中学生の時と同じテンションで興奮すると語る。

日常のあらゆるシチュエーションで童心が顔を出す若林さんではあるが、一方で「厄介なのが、少年の心を忘れていないオジサンは嫌い。『忘れろよ!』って思う」とも話す。大人たるもの毅然としていてほしいという考えがあるのか、はしゃいでいる中年男性は見たくないそうだ。同族嫌悪なのだろうか。

「俺は隠してるから。ムッツリした表情でガチャガチャを回してる。キラキラした顔でやってたら危ないもん。『出た!テリーマンが出たぜ!』って思ってもノーリアクションでバッグにスッと入れてる」

少年の心を持った中年男性は見るに堪えないため、必死にワクワク感が漏れ出ないように気を使いながら生活していると話した。

キラキラした目のオジサンがいてもいいのでは?

ネット上では、「気持ちは子供のままなのに顔は老けてる。凄いわかる」と共感の声が多く寄せられた。歳を重ねて年齢や見た目は立派な"大人"になったにもかかわらず、心はなかなか成熟していかない現状に困惑している人は結構いるようだ。

また、若い気持ちを持ち続けている大人に対する否定的なコメントも見られる。若々しく振る舞っている大人を見ると「みっともない」という感情を抱いてしまう人は一定数いたが、「別にキラキラした目のおじさんいてもいい気がするけどなぁ」と、寛容な人も少なくない。

会社で童心丸出しの上司がいたのなら、大丈夫なのかと思っても仕方がない。ただ、いくつになってもなにかにワクワクすることは珍しいことではない。プライベートの時くらいは、温かい目でスルーしてあげる優しさを持てば、もう少し生きやすい社会になるのではないだろうか。