大企業がこぞって解禁し、副業の機運が高まる昨今。さらに老後資金に必要な2000万円のプレッシャーが重くのしかかるも、UberEatsやアパレル転売の行列に並ぶ体力はないし、できれば汗もかきたくない。しかし、世の中にはオンラインをフル活用して楽に荒稼ぎしている猛者たちがいた!

◆無料プラットフォームを最大限利用して稼げ!

 多くの副業成功者を取材した経験を持つ副業評論家の藤木俊明氏は、「隙間時間に少額でも稼ぐクセを掴むには、スキルを切り売りできそうな無料プラットフォームを探して、どんどん登録すべき」と推奨する。

ネット完結型より、ネットを介しリアルに人とコミュニケーションを取る面倒くささを伴う案件が高報酬の傾向にあります。包丁研ぎからエクセル講座まで、趣味やビジネススキルを対面で教える『ストアカ』がいい例」

 また、新サービスの誕生で思いがけないニッチなニーズに報酬が発生することも。「よじげんスペース」では、飲食店を間借り、間貸ししたい人のどちらかを紹介し成約すると、紹介者と本人に3万円の報酬が支払われる。

アンバサダーという肩書のいわゆる営業代行ですが、サラリーマンでも食べ歩き飲み歩きが趣味で飲食店オーナーに知り合いが多い人なら、稼げるチャンスがあります」

 他にも旅行が趣味なら「SAGOJO」や「TABICA」など、旅や地域体験の延長に報酬が発生するものも多数。早く始めた者勝ちだ!

◆藤木氏推薦!副業Webサービス

●ストアカ(スキルシェアサービス
自分のスキルを教えて報酬発生。プログラミングや資料作成などのビジネス系から陶芸、片付けなど何でもあり

●よじげんスペース(物件情報サイト
空き物件のマッチングサービスアンバサダーになると、物件や店を借りたい人を紹介するだけで報酬が発生する

●SAGOJO(旅行ライター募集サイト
”お寺に行きたくなる記事”、”ベルギーの治安情報”などさまざまな募集があり、旅人向けの記事執筆案件が多数

●TABICA(地域体験サービス)
自身がホストとなってお客さんを案内するサービス下北沢の路地裏ツアーや上野の公園など、都心の案件も充実

◆汗をかかない“クール副業”セレクション

LINEの占いアプリで占い師デビュー

 オーラの霊視に透視、タロットなど多様な占いを用いてチャット接客。バイトルに求人あり。24時間いつでも働けるが、最初は1分間30円……。実技試験2回とLINE社の審査など、デビューまでの道のりは割と厳しい。

●せどりは死んでない!医学書を高値でメルカリ転売

 今やマンガ本や文庫本のせどりは買い手がつかず、儲からないので近年は敬遠されがち。ただし看護師の試験問題集などの医学書は例外で、ブックオフ1000円程度の専門書でも、メルカリなら5000円以上で売れることも。

●住宅展示場荒らしでクオカードを乱獲!

 住宅展示場の見学は、企業にとって大きな商談を取るチャンス。エサとして3000円程度のクオカードを配る会社も多い。これを目当てに展示場を回り、一日で約1万円の副収入を得られる。web予約など条件に注意。

クレジットカード大量作成。しばらくの飲み代にはなる

ちょびリッチ」などのモニター会社に登録し、規定のURLからクレジットカードを作成するだけ。1枚につき約3000円の報酬がもらえる。モニター対応のカード100種類以上あり、20枚以上つくる強者もいるようだ。

eBayで格安ソフトを購入しシリアルナンバーを転売

 世界最大級のECサイトeBay」にはワードエクセルAdobeなどのライセンスが格安で売られている。購入すると送られてくるシリアルナンバーを転売するだけだが、海外物が多いので購入は自己責任で。

●地方と都市の格差を利用。100均商品が元値以上に

 東京の100均で買った商品が、クルマがないと100均に行けない地方のメルカリユーザーに元値以上で売れる。氷の代わりにドリンクに入れるアイスキューブは昨年大ブレイクし、元値200円のところ、880円で売れたとか。

【藤木俊明氏】
副業評論家明治大学リバティ・アカデミー講師。マネジメントメンター。新著に『「複業」のはじめ方』(同文館出版)

<文/週刊SPA!編集部>

―[稼げる[ゆる副業](秘)リスト]―


昨年つくったカードの束。報酬は計3万円ほど