長野・軽井沢での合宿中ショットを公開、引き締まった身体にファンうっとり

 ボクシングのWBA&IBF王者・井上尚弥(大橋)がインスタグラムを更新。ノニト・ドネアフィリピン)と激突するワールドボクシングスーパーシリーズWBSS)の決勝(11月7日さいたまスーパーアリーナ)へ向けた、走り込み合宿中の引き締まったボディーを披露し、「素晴らしい」などと反響が集まっている。

 ドネアとの頂上決戦まで50日。長野・軽井沢で合宿中の井上尚は、苦悶の表情のトレーニングショットを公開した。裸の上半身はきっちり引き締まっており、本番はまだ1か月半以上先だがいつでも試合ができそうなくらい、仕上がっているように見える。

 弟の拓真らとともに、徹底的に体を苛めぬいたモンスターは「むちゃくそ走ったぁぁあ 明日でラスト頑張るべ!!」と充実感をつづり、合宿風景を投稿。ファンからは「ステキ~」「頑張る姿が美しい」「素晴らしい体です」「惚れてまう~」「いい体してますわ」などと反響のコメントが寄せられていた。

 更なる進化を遂げそうな王者。ドネアとの決戦で今度はどんな衝撃を走らせるのか、楽しみでならない。(THE ANSWER編集部)

井上尚弥【写真:Getty Images】