FIFA国際サッカー連盟)は19日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本は前回の33位から二つ順位を上げ31位タイにランクイン。アジアでの順位は23位のイランに次いで日本は2番手と変わらず、韓国が37位、オーストラリアが44位と続いている。

 また、ベルギーが昨年9月から1位をキープし、フランスが2位に浮上し、ブラジルが3位に後退した。

トップ10
1位 ベルギー
2位 フランス
3位 ブラジル
4位 イングランド
5位 ポルトガル
6位 ウルグアイ
7位 スペイン
8位 クロアチア
9位 コロンビア
10位 アルゼンチン

ワールドカップ ロシア大会後の日本の順位推移
2018年8月 55位
2018年9月 54位
2018年10月 50位
2018年11月 50位
2018年12月 50位
2019年2月 27位
2019年4月 26位
2019年6月 28位
2019年7月 33位

最新のFIFAランキングが発表された [写真]=兼子愼一郎