未確認飛行物体
空中を高速飛行する未確認飛行物体UFO)が映ったとされる映像について、米海軍が「未確認現象(Unidentified Aerial Phenomena|UAP)」であると認めた、と報道されています。 映像2017年12月から2018年3月の間に、ブリンク 182の元ギタリストであるトム・デロングが設立した「To The Stars Academy of Arts & Sciences」という団体が公開したもので、米国防総省が機密扱いを解除した資料の一つ。機密解除済の政府文書をアーカイブし、“研究”することを目的とした「The Black Vault」というサイトの運営者のジョングリーンウォルドは、米時間17日に掲載した記事で3つの映像について説明。海軍はそれぞれのビデオに正確な情報を割り振っていませんが、話題となっている「Gimbal」と題された映像と「GoFast」の2本は2015年1月21日、「FLIR1」は2004年11月14日サンディエゴ海岸で記録されたものだということが分かっています。 「Gimbal」で記録されている音声の中で、パイロットたちは「あれはドローンだよ!」「なんてことだ!風に逆らってる!」「あれを見ろよ!」など、いかにも何かを“見てしまった”会話を残しています。

Gimbal: The First Official UAP Footage from the USG for Public Release

「FLIR1」は2004年に空母ニミッツから撮影されたもので、「光を放つとある物体」を確認しそれを追跡するものの、物体が高速で動くためにフレームから姿を消します。「GoFast」ではまた「高速で空中を移動する謎の物体」をF/A18スーパーホーネット赤外線センサーが捉えた映像で、映像の後半で物体の追跡に成功するパイロットたちの驚愕の声を聞くことができます。

FLIR1: Official UAP Footage from the USG for Public Release

Go Fast: Official USG Footage of UAP for Public Release

Storm Area 51, They Can't Stop All of Us

9月20日には、SNSでも話題となったイベントStorm Area 51, They Can't Stop All of Us>が開催(?)されます。ネバダ州南部にある空軍基地、通称エリア51都市伝説的にUFOなどの機密情報が集まる基地として有名(実際エリア51でどのようなことが行われているのかは明らかになっていません)。 本イベントの目的は「ナルト走りで銃弾よりも早く走り、その警備を突破してエイリアンを見る」という冗談めいたものですが、日本時間9月19日の時点で参加予定211万人・興味あり155万人と、多くの注目が集まっています。実際どれほどの人がこの“作戦”に参加するのでしょうか。エリア51に接近した疑いで、ドイツユーチューバーが逮捕されるなど洒落では通用しないのが現実。大きな問題にならなければ良いのですが......。

エリア51の真相について!!

今回の報道でUFOの存在が公式に認められた訳ではないですが、少なくとも秘密との距離感は縮んだはず。宇宙の謎を楽観的に考えることができるのも、今のうちかもしれません。
未確認飛行物体
Photo by Artem Kovalev on Unsplash

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.