中国の李克強(リー・カーチアン)首相は18日午後、ロシアプーチン大統領モスクワのクレムリン宮殿で会談した。新華社が伝えた。
李首相は「中露は互いに最大の隣国であり、両国の国交樹立から今年でちょうど70年になる。先般、両国首脳は中露関係を新時代の包括的・戦略的協力パートナーシップに格上げすることで合意した。私は今回の訪問でメドベージェフ首相と第24回中露首相定期会談を行い、各分野での両国の交流と協力について全面的な計画を立て、新たな成果を多く得た。中露関係が健全で安定した発展を維持することは双方にとってプラスであるのみならず、地域と世界にとってもプラスだ。中国側はロシア側と引き続き友情を揺るぎないものにし、交流を強化し、国連中心の国際体制及び世界貿易機関WTO)のルールに基づく多角的貿易体制を維持したい。これは世界の発展・繁栄と平和・安定の促進にとって重要な意義を持つ」と指摘。
「中露協力には大きな将来性がある。中国側は『一帯一路』イニシアティブとユーラシア経済連合をより良く結びつけ、二国間貿易の規模と質を同時に高める後押しをしたい。中国は現在さらに開放を拡大している。市場の潜在力は大きく、ロシアを含む各国企業にさらに多くのチャンスをもたらす。双方が相互の開放拡大、投資・市場参入条件の緩和を堅持して、両国企業のために協力の機会をさらに多く創造し、中露の実務協力が新時代において実り豊かな成果をさらに多く創造し、両国民により良く幸福をもたらすようにすることを希望する」と述べた。
プーチン大統領は「対中関係はロシア外交の優先的方針だ。国交樹立から70年、露中関係・協力は著しい成果を挙げ、両国は新時代の包括的・戦略的協力パートナーへと発展した。露中関係は国際関係における重要な安定化要素だ。今回の露中首相定期会談は新たな成果を多く収め、両国の実務協力を力強く推進した。ロシア側は自らの発展戦略を『一帯一路』イニシアティブとより良く連携させ、二国間貿易の規模を拡大し続け、共同発展を促進することを望んでいる」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

中国の李克強首相は18日午後、ロシアのプーチン大統領とモスクワのクレムリン宮殿で会談した。