広瀬すず吉沢亮堤真一が共演するコメディ映画「一度死んでみた」が、2020年3月20日に公開されることが決まった。あわせて特報と第1弾ポスターもお披露目。放送中のNHK連続テレビ小説なつぞら」での清純なヒロインから一転、髪を半分ピンクに染め、全身デスメタルの衣装に身を包んだ広瀬のビジュアルが確認することができる。

【動画】「一度死んでみた」特報

テレビCM「三太郎」シリーズを手掛けた浜崎慎治が初めて映画監督を務め、「犬と私の10の約束」「ジャッジ!」で知られる澤本嘉光オリジナル脚本を映画化。売れないデスメタルバンドボーカルをしている大学4年生・七瀬(広瀬)は、製薬会社社長の父・計(堤)のことが大嫌いで、反抗期をこじらせていた。ライブで「一度死んでくれ!」とシャウトし、不満を爆発させていたある日、「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだ計は仮死状態になってしまう。2日後に生き返るはずだったが、そのまま彼を亡き者にしようという陰謀の存在が明らかに。七瀬は存在感のなさすぎる計の部下・松岡(吉沢)とともに、父のピンチに立ち上がることを決意する。

特報では、本作でコメディ映画に初挑戦となった広瀬のコメディエンヌぶりがさく裂。七瀬の人差し指を突き立てた"デスポーズ"やキレのあるハイキック、「今死んだらぶっ殺すわよ!」という叫びが切り取られている。「笑いと感動のSF(死んだ・ふり)コメディ」というテロップに導かれ、ぺったりした七三分けでとぼけた表情を見せる計、端正な顔が隠れそうなほど長い前髪にメガネという地味な出で立ちの松岡ら、個性豊かなキャラクターたちがノンストップで映し出されていく。

スターには、「生き返れ! クソオヤジ!!」というコピーとともに身を乗り出す七瀬、困り顔の松岡、幽霊のような姿で妖しくほほ笑む計を活写。さらに、チラシの裏ビジュアルには、睨むような眼差しでお得意のデスポーズを決めている七瀬がおさめられている。

「一度死んでみた」は、20年3月20日から公開。

ポスタービジュアルも初公開! (C)2020 松竹 フジテレビジョン