現在放送中の連続テレビ小説なつぞら」でヒロインを演じるなど、作品を重ねるごとに女優としての成長著しい広瀬すずが、初めてコメディ映画に挑戦する『一度死んでみた』の公開日が2020年3月20日(金)に決定。このたび特報映像と第一弾ポスタービジュアルが解禁された。

【写真を見る】「なつぞら」なっちゃん役から一転!広瀬すずが強烈なデスメタル女子に変身

売れないデスメタルバンドボーカルをしている女子大生の七瀬(広瀬)は、父の計(堤真一)が大嫌いな反抗期こじらせ女子。ある日突然、計が死んでしまったとの知らせが届くが、実は“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んで仮死状態になっただけだった。しかし2日後に生き返るはずの計は、ある陰謀により生き返る前に火葬されてしまいそうに。そこで七瀬は計の部下の松岡(吉沢亮)とともに、大嫌いな計を生き返らせるために立ち上がることを決意する。

このたび解禁された特報映像では、髪を半分ピンクに染めて全身デスメタルの衣装をまとった広瀬が、コメディ映画初挑戦とは思えないハジけっぷりを披露していく。また父の計役を演じる堤もとぼけた表情で変人度たっぷりの“クソオヤジ”を演じきり、松岡役の吉沢も端正な顔立ちを長い前髪とメガネで隠し、存在感がなさすぎるキャラを好演。

そんな一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちの姿が垣間見える特報映像に加え、第一弾ポスタービジュアルでは背後から吉沢につかみかかる広瀬と、2人の後ろで怪しげな笑みを浮かべる堤の姿がデザインされ、これから巻き起こる大騒動を予感させる仕上がりに。また合わせて解禁されたチラシ裏ビジュアルには、「なつぞら」での清純なイメージを打ち消すかのようにキリッとした目線でデスポーズを決める広瀬の姿が。

ソフトバンクの「白戸家シリーズを手掛けた澤本嘉光が脚本を担当し、auの「三太郎」シリーズを手掛けたCMディレクターの浜崎慎治が映画初監督を務めた本作。日本を代表するヒットクリエイターの強力タッグと人気俳優3人の共演で、どのような化学反応が起こるのか。期待に胸を弾ませながら公開を待ちたい。(Movie Walker・文/久保田 和馬)

『一度死んでみた』特報映像&ポスタービジュアルが完成!