三遊間への打球を逆シングルで好捕しジャンピングスローで一塁へノーバウンド送球

アストロズ 3-2 レンジャーズ(日本時間19日・ヒューストン)

 レンジャーズエルビス・アンドラス内野手が18日(日本時間19日)、敵地アストロズ戦で超美技を見せつけた。三遊間深くの打球を好捕し、そのままジャンピングスローで一塁へノーバンド送球を見せたプレーMLB公式ツイッターが伝えている。

 アンドラスの好プレーが飛び出したのは初回。先頭のスプリンガーが放った打球は三遊間へのゴロとなった。遊撃手アンドラスは逆シングルで好捕すると、そのまま一塁へジャンピングスロー一塁手グズマンは開脚しながらノーバウンドで送球をグラブに収めアウトを奪った。

 三遊間深くの芝生部分から“鬼肩ジャンピングスロー”を見せたアンドラスの美技をMLB公式ツイッターは「送球。開脚。このプレー」とコメントを添え動画を公開。これにはファンも驚きの声を上げていた。

アストロズファンだけど、このプレーには驚いたよ」

すごい

「あの開脚は痛そう」

「ワォ」

素晴らしい!」

アウチ!」

 今季31歳を迎えたアンドラスだが、名手は健在。自慢の足でも今季は3度の本盗を決めるなどここまで28盗塁をマーク。快足ぶりを見せつけている。(Full-Count編集部)

レンジャーズのエルビス・アンドラス【写真:Getty Images】