dog cover (2)_e

PICNIC_Fotografie/pixabay

 犬を飼っている人は、過去に悲しい気持ちを感じたり辛い気持ちになったりした時に、愛犬がその気持ちを察してくれているように感じたことはないだろうか。

 これまでの研究で、犬には人間の表情を見て幸福や怒りを識別する能力や、声色だけで人間の感情を察知する能力があることが明らかにされてきた。犬は人間に対してとても共感能力が高いのだ。

 ではニオイはどうだろう?

 犬の嗅覚は犬種により異なるが、人間の100万倍~1億倍ともいわれている。犬の嗅覚が優れた能力を発揮することは、麻薬・爆弾探知犬や救助犬などの素晴らしい働きを見れば一目瞭然だ。

 今回の新たな研究では、犬はニオイだけで人間の喜びや恐怖を識別でき、人間が抱く恐怖心を察知した犬もまた、恐怖を感じていることがわかったという。

―あわせて読みたい―

動物界における切れ者たち。賢い動物ランキング、トップ10
犬の鼻のクローズアップ写真で、ブラックホールに吸い込まれた気分に浸ろう。
犬はまったく面識のない人の感情すら読み取ることができる(ニュージーランド研究)
犬の感情的な認識と理解は人間の幼児と同等であることが判明(インド研究)
大好きだからすぐにわかるもん。盲目で聴覚障害を持つ犬。ニオイや振動でお父さんの帰りを真っ先に感知して出迎える。

情報キャッチに欠かせない“ケモシグナル”


dog4_e
Mylene2401/pixabay

 人間も動物も、外界を感知するために視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚という五感を働かせるが、その五感を通じて受容されているのが、相手の表情や声のトーン、また体臭や食べ物の味などだ。

 その中でも、臭いや味は化学的信号「ケモシグナル」と呼ばれていて、特に動物界においてはケモシグナルの代表とされるフェロモンの臭いは、生存上欠かせないものとなっている。

 人間は、嗅覚を介した情報伝達レベルは動物と比較しても低いが、人間の体臭はいわゆるケモシグナルであり、それが幸福感や恐怖感を抱いた時には全く異なることを、犬は察知できるというのだ。

犬は人の感情を臭いだけで感知することができる

 犬の優れた能力については、これまでにも様々な研究結果が発表されてきたが、社会の中で働く警察犬や盲導犬などを見れば周知の事実だろう。

dog3_e

distel2610/pixabay

 人間の声のトーンや顔の表情から、喜びや怒り、悲しみを犬が感じ取ることができるというのは既に過去の研究で判明しているが、今回イタリアナポリ大学の研究者たちは、犬が嗅覚だけで人の感情を察知することができることを明らかにした。

 研究が発表された情報誌『Animal Cognition』によると、飼い主が幸せで生き生きとした気分である時には、犬も幸せで好奇心が強く、見知らぬ人にも従順であることがわかったという。

 しかし、飼い主が恐怖を感じている時には、犬は嗅覚を通して人間のケモシグナルを察知し、飼い主の傍にぴたりと寄り添い保護するような姿勢を取ったり、他の人間との関りを避けたりするような態度が見られた。

 この時、犬は人間が恐怖を感じているのと同様に怯えていることも判明した。

dog2_e

Fran__/pixabay

人間の汗の成分を犬の嗅覚が嗅ぎ取る


 研究者たちは、映画を使って実験のひとつを行った。

 冒険ファンタジー映画『ジャングルブック(The Jungle Book)』とホラー映画『シャイニング(The Shining)』の両方を飼い主に見せた後、犬と見知らぬ人と一緒に部屋に入ってもらった。

 2本の映画中に喜びや恐怖を感じた飼い主の汗のサンプルを収集し検査したところ、犬の行動が飼い主の行動に反映していることが明らかになったのだ。

 楽しい映画を見た後、犬は飼い主の汗の臭いを嗅ぎ、飼い主が恐怖を感じていないことを察知すると、見知らぬ人にも懐く態度を見せた。

dog 1_e

ElvisClooth/pixabay

 しかしホラー映画の後は、犬は飼い主同様恐怖を感じ、それがストレスとなって現れたようだ。飼い主には安心を求め、見知らぬ人には警戒心を抱くような態度を見せたという。

 また犬の心拍数データを調べたところ、飼い主が楽しい映画を見た時よりも、ホラー映画を見た時に大幅に上昇していることが判明した。

犬は、特に人間の恐怖心を察知し反映させる

 今回の研究では、犬は嗅覚だけで人間の感情(特に恐怖心)を察知し、それを反映させる傾向があるということが明らかになった。

 研究者らは、犬の嗅覚と感情の間には明確な相互関係が存在し、感情的なコミュニケーションはケモシグナルによって促進されていることを示唆している。

 つまり、犬と飼い主の繋がりにおいて、臭いはそれを形成する重要な方法の1つになるということだ。

dog5_e

Free-Photos/pixabay

 またしても明らかになったのは、犬の能力は驚くべきものだということ。私たちの知らない犬の能力が、まだまだ存在するのかもしれない。

 人間の心を癒すよう訓練されたセラピー犬も、きっと飼い主の感情を表情だけでなく臭いでも嗅ぎ取っているのだろう。

 研究者らは、最も重要な特性の「嗅覚」を通して、犬が人間の感情を敏感に読み取ることができるという事実を、飼い主はきちんと理解することが重要だと述べている。

References:Geeky Camelなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282393.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

犬のまっすぐな忠誠心に感涙。セラピードッグのトレーニング風景
くるくるヘアで人懐こい。羊みたいな巻き毛の猫に関する海外の反応
1つの瞳に2つの色。ダブルオッドアイの猫、オリーブの魅力にズームイン!(イギリス)
やっぱ心配だから添い寝しとくわ。前足を怪我した猫にぴったり張り付くミーアキャット
みんないい夢が見られますように…!とろけそうな子猫にうっとろりんと癒される動画

―知るの紹介記事―

「イヌイット族は自らの大便を凍らせてナイフとして使用していた」噂の逸話を科学者が検証してみた。無理だった(米研究)
秘術、錬金術、カバラ教・・・世界最大のオカルト図書館が更に充実度をアップさせオンライン無料公開中!
大好きなアメフトチームのTシャツを自作した少年がいじめられていることを知ったチーム、そのデザインを公式Tシャツに
うつ病や不安障害を抱える患者に医師が観葉植物を処方。自然との触れ合いを利用し健康状態を改善する取り組み
生命力すごい。外界から完全に隔離されている鉱山の地下2.4キロの水たまりで微生物が生息していた(カナダ)
犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)