dog cover_e3


 ペットを大切に可愛がって飼っている人にも、やむを得ない事情が発生し、泣く泣く手放さなければならない事態が起こり得る。

 アメリカペンシルベニア州に住む女性も、その1人だった。

 子供の頃とても可愛がっていた犬を、家庭の事情で諦めなければならなかった女性は、施設へと預けられた犬が、その後どうしているかを知る由もなかった。

 ところが、その女性にまるで映画のような奇跡が起こった。

 偶然、SNSで飼い主を探している老犬の投稿を見た女性は、その犬が自分の飼っていた犬に似ていることを知り引き取ってみると、なんと、子供のころに別れた愛犬であることが判明したのだ。

―あわせて読みたい―

奇跡の再会。13年もの間、行方不明だった猫が戻ってきた!(オーストラリア)
二度と会えないと思っていた子犬と再会した少女に奇跡のサプライズ
8か月の間、ずっと会えると信じてた。忘れることなんてできなかった。少年と犬の奇跡の再会物語(アルゼンチン)
月日は流れて13年!また会えるなんて思わなかった。猫と飼い主の奇跡の再開(イギリス)
自宅から犬を盗まれて2年後、SNSにより奇跡の再会(ウクライナ)

大好きな愛犬をたった4年で手放すことに

 ペンシルベニア州に暮らすニコルグリムズさんは、2018年フェイスブックで、実際に自身が経験した心温まる奇跡のストーリーシェアした。

 弟が生まれる前、子犬が欲しくてたまらなかったニコルさんは、10歳になった時、祖母からポメラニアンプードルミックス犬をプレゼントしてもらい、大喜びした。

dog1_e2


毛にピンクリボンをつけていたその子犬を初めて見た時、私は一目で恋に落ちました。

 ニコルさんは、子犬にクロエと名付け、とても可愛がった。絆を育むのに時間はかからず、クロエはすぐにニコルさんの親友になった。

 ところが、4年ほどして父親の新しい仕事の都合で引っ越すことになり、そこでは犬を飼えないことがわかったのだ。

 ニコルさんは、やむなくクロエを手放さなければならなくなってしまった。もちろんニコルさんにとっては、それは苦渋の決断だったが、家庭の事情とあれば仕方ないことだった。

 クロエは、ワシントン動物愛護協会へと引き取られた。その後、ニコルさんはクロエの消息を知ることはなかった。

フェイスブックに投稿されていた老犬に驚く

 それから7年。成長し、既に自身の家庭を持っているニコルさんは、ある日偶然フェイスブックの友人からの投稿を見ていて、飼い主を探している老犬がいることを知った。

 写真を見ると、その老犬は昔飼っていたクロエにとてもよく似ており、名前も同じクロエだった。

 ニコルさんは、自分のクロエであるはずがないと思いながらも、心の中では「もしかしてあのクロエでは」という思いが消えなかった。

 しかし、そんなことはやはりあり得るはずがないのだと、自分の思いを打ち消しながらも、その犬を引き取ることに決めた。

dog3_e3


飼っていたクロエと同じ仕草を見せた老犬クロエ


 引き取った老犬クロエは、ある女性に2年ほど飼われていたが、その前には高齢者の飼い主がいたそうだ。

 女性の話によると、その高齢者は他界。甥にあたる人物が、何年も前にクロエワシントン郡愛護協会から引き取ったことを話していたという。

 クロエを引き取って時間を過ごすうちに、自分が飼っていたクロエと全く同じ仕草をすることに気付いたニコルさんは、「やっぱりこの犬は、私が飼っていたあのクロエなのでは」と思ったが、その話を聞いて一層確信した。

 実はクロエは、何年も前に愛護協会でマイクロチップを埋め込まれていた。

dog2_e3


 愛護協会に連絡して番号を教えてもらい、クロエを獣医院に連れて行くと、老犬クロエに埋め込まれていたチップが、ニコルさんが飼っていたクロエのものと一致した。

奇跡の再会は「祖母が引き合わせてくれたもの」

 子供の時に手放した愛犬と、このような形で再会できることなど夢にも思わなかったニコルさんは、胸を震わせ、泣いた

dog4_e2


こんなことが本当に起こるなんて。あのクロエが、私のところに戻ってきました。きっと祖母が、私たちを引き合わせてくれたのだと思っています。

 2018年1月に、ワシントン郡愛護協会のフェイスブックアカウントシェアされた投稿を見たユーザーらは、深い感動と歓喜の声を寄せている。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282551.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)
犬のまっすぐな忠誠心に感涙。セラピードッグのトレーニング風景
くるくるヘアで人懐こい。羊みたいな巻き毛の猫に関する海外の反応
1つの瞳に2つの色。ダブルオッドアイの猫、オリーブの魅力にズームイン!(イギリス)
やっぱ心配だから添い寝しとくわ。前足を怪我した猫にぴったり張り付くミーアキャット

―知るの紹介記事―

犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)
「イヌイット族は自らの大便を凍らせてナイフとして使用していた」噂の逸話を科学者が検証してみた。無理だった(米研究)
秘術、錬金術、カバラ教・・・世界最大のオカルト図書館が更に充実度をアップさせオンライン無料公開中!
大好きなアメフトチームのTシャツを自作した少年がいじめられていることを知ったチーム、そのデザインを公式Tシャツに
うつ病や不安障害を抱える患者に医師が観葉植物を処方。自然との触れ合いを利用し健康状態を改善する取り組み
子供の頃飼っていた愛犬と泣く泣く別れた女性。7年後に引き取った老犬が同じ犬だったことの奇跡(アメリカ)