織田信長ら戦国武将が現代で犬に転生する来年1月放送のTVアニメ『織田シナモン信長』のキャストが20日、発表された。堀内犬友、犬川登志夫、犬田哲章、杉田直司ら、どこか見覚えあるような…名前の大型“新人”声優が起用されることとなった。

【写真】杉田智和ら『中華一番!』声優、好きな中華料理は?

 『月刊コミックゼノン』にて2016年より連載中の目黒川うな氏による漫画が原作。群雄割拠の戦国時代に覇王と呼ばれた織田信長が、現代の日本に柴犬の姿で転生。信長と同じ時代にしのぎを削った名将たちも、なぜか皆、犬に転生してしまい、現代の群雄割拠がドッグランで繰り広げられる。

 このたび、織田シナモン信長に堀内犬友、伊達ブー政宗に犬川登志夫、武田ラッキー信玄に犬田哲章、上杉ジュリアン謙信に杉田直司らが決定。主人公の織田シナモン信長を担当する堀内は、「『織田シナモン信長』の収録はスタッフの皆さんの情熱が伝わる熱い現場です。新人の僕にとっては緊張の連続ですが、尻尾を振って育ててやろうと思ってもらえるように頑張ります!」と本作への意気込みを見せる。

 フレンチブルドッグに転生した伊達ブー政宗を演じる犬川は「デビュー作なのに大きな役でビビりましたが、元々、伊達政宗が好きなので、仙台城青葉城)城址にはよく出かけており、この役が演れるなんて夢のようです。他のキャストも新人とは思えない態度のデカい演技巧者揃いで、緊張のアフレコですが、犬川登志夫の代表作となるよう頑張りたいと思います」と初々しい面持ちで語った。

 武田ラッキー信玄役の犬田は「もともと犬派なので、この作品に参加できて、とてもうれしいです。なにしろとても豪華な新人おじさんメンバーの集まりなのでスタジオは、キラキラ・ワイワイ・ガヤガヤと笑いに満ちております。ラッキーカワイイでしょう?!『超大型新人』としましては、自分自身がこれ以上『見た目大型』にならないよう頑張ります。皆さん応援よろしくお願いしますわん!」。

 上杉ジュリアン謙信役の杉田は「実家で飼っていた犬、直司と杉田智和は最終的にシンクロします。演じるという事を超越し、犬型新人声優の闊歩する犬戦国時代を生き抜く覚悟です。杉田直司。コンゴトモヨロシク…」と、それぞれデビュー作への意気込みを語っている。

 監督は高橋英俊氏、シリーズ構成は経塚丸雄氏、キャラクターデザインは『美少女戦士セーラームーン』など人気作の作画監督・原画を担当した香川久氏が担当。アニメーション制作はスタジオぴえろが手掛ける。

『織田シナモン信長』ティザービジュアル (C)目黒川うな/NSP,織田シナモン信長製作委員会