株式会社ドモン(本社:東京都港区、代表取締役:小池義則)は、ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:高原豪久)とBABYJOB株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長:上野公嗣)が手がける保育所向け紙おむつ定額サービス「手ぶら登園サービス」と、システム連携をすることを合意いたしました。

手ぶら登園サービスとコドモンシステム連携をすることにより、コドモンを利用する保育所で手ぶら登園サービスをより簡単に導入・運用できるうになり、保育士業務の負担軽減につながります。
今回のシステム連携により、まず、コドモン保育園用管理画面より、手ぶら登園サービスの管理画面に簡単に移動できるようになります。その結果、保育園では、2つのシステムを個別に管理する手間が軽減されます。
また、保護者用のコドモンアプリに、手ぶら登園サービスリンクを張ることで、保護者は簡単に手ぶら登園サービスに申込をすることができるようになります。
今後は園児・保護者情報の連携や決済面での連携など、さらなるシステム連携を進めていくことで、社会課題となっている保育士の業務負担軽減や、子育て世帯の負担軽減を進めていきます。

(連携イメージ図)
現在、多くの保育所では、保護者が紙おむつ1枚1枚に名前を書き持参しており、子育てと仕事で忙しい保護者の大きな負担になっています。また保育所側も、紙おむつを園児ごとに個別管理する必要があり、業務が煩雑化しています。
そこで上記の課題を解決するため、2019年7月よりユニ・チャーム株式会社とBABYJOB株式会社が紙おむつの定額制サービス「手ぶら登園サービス」を本格的に開始しました。
https://tebura-touen.com/
1.保護者の方は本サービスの利用により、紙おむつの持参が不要になります。
2.料金は月額定額制となっています。
保育園毎に、商品内容や価格が異なる場合があります。表示価格は、税抜き価格となります。
※日本全国でご利用いただくことができます(一部離島を除く)。
株式会社ドモンでは、IoTメーカーサービスベンダー自治体、教育機関等がコドモン上でサービス提供を行うためのAPI連携機構「コドモンコネクト」を2019年1月にリリースし、コドモンオープンラットフォーム化を進めています。手ぶら登園サービスとのシステム連携は第3弾となります。今後も各社・各機関と協力の上、事業者の課題やニーズに丁寧に寄り添ったサービス展開を加速します。
◎公式Webサイト お問い合わせ https://tebura-touen.com/
メール:mama@baby-job.com
◎電話:0120-01-8841

株式会社ドモン 会社概要】
◆所在地:東京都港区三田3丁目1−4 Net1.三田ビル4F
◆事業内容:保育業務支援システムの開発・提供。2019年9月時点で、全国約3,700施設、保育士約6万人が利用。全国13の自治体で導入。(ご参考:2018年度 特定地域型保育事業を含む全国保育所数は34,763園)
Webサイトhttps://www.codmon.com/

【ユニ・チャーム株式会社 会社概要】
◆所在地:東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
◆事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売
Webサイトhttp://www.unicharm.co.jp/

【BABYJOB株式会社 会社概要】
◆所在地 :大阪府大阪市淀川区西中島6丁目7番5号
◆事業内容:保育所サポート事業、子育て支援事業
Webサイトhttps://baby-job.com/


こども施設向けICTシステムCoDMON」概要】
ドモンは、保育園幼稚園で働く先生と保護者に対して、こどもたちと向き合うゆとりを持っていただくための各種支援ツールを提供するSaaS※4です。
施設向けの機能として、一元化された園児情報の上で成長記録や指導案などをスマートに記録する機能をはじめ、登降園管理やアプリを使った保護者とのコミュニケーション支援機能など、先生の業務負担を大幅に効率化/自動化しながら、保育の質を高める環境づくりの支援をしています。また同時に、AIを使った先生の自動シフト作成機能や、ベビーセンサーなどのIoTデバイスAPI連携するなど、園内のICT/IoT環境を統合管理できるソリューションを提供しています。
保護者向けの機能としては、専用アプリを通して施設との連絡機能のほかこどもの成長管理や写真アルバム、保育料の支払い支援といったサービスを展開しています。
※4 SaaSとは、ネットワークを通じて顧客にアプリケーションソフトの機能を必要に応じて提供する仕組みのこと

配信元企業:株式会社ドモン

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ