Curve Digitalは、Netflixの人気ドラマ『ナルコス』ターンベースアクションストラテジーゲームとしてビデオゲーム化した『Narcos: Rise of the Cartels』アナウンストレイラーを公開した。

 プラットフォームは海外展開がPS4Xbox OneNintendo SwitchSteamだが、Steamのストアページインターフェイス日本語チェックマークが入っている。説明文日本語で記載されており、ある程度の日本語には対応しそうだ。発売は2019年の秋を予定している。

 TVドラマ『ナルコス』は、Netflixオリジナルコンテンツとして配信しているクライム・ドラマ1970年代から90年代を舞台に、実在する麻薬王パブロ・エスコバルと、それと戦う麻薬取締局(DEA)のスティーブマーフィー捜査官の活躍を描く。シーズン3で一旦完結しており、新たにストーリーを刷新した『ナルコス:メキシコ編』のシーズン2が制作中だ。

 本作の『Narcos: Rise of the Cartels』は、『ナルコス』のシーズン1がベースとなっており、プレイヤーは、麻薬カルテル側かDEA側かのキャンペーンを選ぶことができ、それぞれのストーリーで『ナルコス』を体験できる。

 ドラマに登場したパブロ・エスコバル、スティーブマーフィー、ハビエル・ペーニャといったキャラクターゲームでも登場して、キャラクターごとにアビリティパークを持っている。ゲームターンベースストラテジーゲームで構成され、マップを戦略的に移動しつつ、敵を殲滅していくようだ。

 またユニークなのが、TPSのような三人称視点のシューターがあるようで、敵と戦うときは見下ろし画面ではなく、肩越しから敵を撃つことがでるようだ。こういったゲームメカニクスは「ターンベースゲームにおける新体験をもたらす」としており、本作がどのようにアクションストラテジーストーリーを融合させているかが注目だろう。

(画像はYouTube「Narcos: Rise of the Cartels – Choose Your Side | Cartel Trailer」より)
(画像はYouTube「Narcos: Rise of the Cartels – Choose Your Side | Cartel Trailer」より)
(画像はYouTube「Narcos: Rise of the Cartels – Choose Your Side | Cartel Trailer」より)

 昨今、Netflixビデオゲームとの結びつきを強めている。今年のE3では、Netflixオリジナルコンテンツゲーム化をいくつか発表しており、ダーククリスタル: エイジ・オブ・レジスタンスシミュレーションRPGとしてゲーム化した『The Dark Crystal: Age of Resistance Tactics11月に配信予定だ。またストレンジャー・シングス』の、クォータービューのアクションアドベンチャーとしてゲーム化した『Stranger Things 3:ザ・ゲームはすでに国内のPS4Steamでも配信している。

 現在、Netflixゲーム化作品は小規模から中規模といった作品が多く、本作『Narcos: Rise of the Cartels』は初の本格的な中規模の作品といえるだろう。今後、どのようなNetflix関連作品がゲーム化されるのか、またその中から傑作と評価されるものや大型タイトルが登場するのか、引き続きNetflixゲーム化の方針に注目したい。

ライター福山幸司

85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter@fukuyaman