Appleモバイル向けOS「iOS 13」の配信を開始しました。さまざまな新機能が追加されるなか、地味に大きいのが、プレイステーション 4およびXbox One(※)のコントローラーが接続可能になった点。同時に始まった定額制ゲームサービスApple Arcade」のゲームを、さっそくPS4ゲームパッドデュアルショック 4)を接続して試してみました。

【画像:設定方法の続き】

Bluetooth対応版のみ

 ゲームパッドBluetooth経由でiPhoneと接続可能。まず「設定」アプリを起動して「Bluetooth」を選択してオンにしたうえで、デュアルショック 4のPSボタンSHAREボタンを長押しします。iPhoneBluetooth設定画面に表示される、「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」をタップすれば接続は完了。接続を切るには、PSボタンを長押ししてデュアルショック 4の電源をオフにするか、iPhone側でいったんBluetoothをオフにすればOKです。

Xbox Oneコントローラーの接続は、手元にBluetooth非対応版しかなかったため試せませんでした。海外サイトの例では、「Xboxロゴボタンコントローラーの電源を入れたのち、背面のワイヤレス登録ボタンを長押し」と説明されています

 接続が済んだところで、「ソニックレーシング」をプレイしてみると、チュートリアルで「曲がるには左スティック」「アイテムは×ボタンで使える」といった説明が表示。アプリゲームパッドを自動で認識していることがわかります

 その後いくつかのゲームタッチ操作とゲームパッド操作の両方でプレイしてみたところ、主にアクションゲームで、遊び慣れたゲームパッドの使いやすさを感じました。ただ、スマホと一緒にコントローラーを持って外出し、出先でゲームを遊ぶスタイルはあまり現実的とも思えません。よほどタッチ操作では遊びにくいようなゲームを、自宅で遊ぶ分にはアリといった所感です。

 iOS13に対応する機種は、iPhone 6S/6S Plus/SE以降と第7世代iPod touch。ほかにも、画面表示を黒基調にして目の負担を抑える「ダークモード」や、写真の編集・管理機能の強化など、多くの改良がなされています。

Bluetoothの設定画面を開き、PSボタンとSHAREボタンをともに長押し