ブラジャーを2つ折りにしたり、カップを潰してたたんでいませんか? 実はそのたたみ方、カップが崩れる大きな要因になるのです。

【画像】図解・ブラの正しい保管方法

 下着の販売員・ちーちょろすさんがTwitterに投稿した「正しい下着のしまい方」が話題を呼んでいます。

 ちーちょろすさんによれば、ブラジャーを2つ折りにして保管する「折り合わせブラ」はカップが崩れる可能性が大きく、2つ折りにした上で一方のカップと反りを合わせるようにもう一方のカップをつぶす「片方崩しブラ」では片方だけ先にカップが崩れてしまうそうです。お店で試着したブラジャーを返す際にも、カップをつぶさない配慮が必要になります。

 では、どう保管するのが正解なのでしょうか? 重要なのはカップがつぶれないようにしまうことです。ブラジャーのホックを止め、ストラップが絡まないように裏側にしまい、たんすの中に並べて保管します。

 ショーツは両端を内側にたたみクロッチ(股間に当たる部分)を折り上げて収納します。碁盤の目状のしきりがついたケースだと、どこにどのショーツがしまってあるかわかりやすくなります。

 ちーちょろすさんは引き出し型のプラスチックコンテナを仕切り、右側にブラジャー、左側にそれに対応するショーツを入れています。ちーちょろすさんの場合はやや下着の数が多いので詰まっていますが、本来はもう少し距離をとってゆったりしまうとよいそうです。お気に入りの下着と末永く付き合うためにも、覚えておきたいテクニックですね。

ねとらぼGirlSide/不義浦)

ブラジャーの正しい保管方法って?