【元記事をASCII.jpで読む】

 ごきげんよう、アスキーの酒好き記者ナベコです。過ごしやすい気温になってきた今日この頃。行楽がてらにお酒をついついたくさん飲んじゃいます。

 この連載では、コンビニなどで売っている手近な食材をアレンジしてつくるお手軽おつまみを紹介しています。お酒を片手に調理しても問題ないくらいの簡単な内容なので、ぜひみなさん試してみてくださいね

 今月のテーマのお酒は「キリン 秋味」!

9月のお酒は「秋味」

 キリンの秋味は、麦芽をキリンラガービールと比較して1.3本ぶん使用した、秋の味覚にふさわしいというビール。よくあるラガービールよりコク深くて、いかにも秋の味覚にぴったり。秋味に合わせて、季節感あるおつまみレシピを紹介しますよ。

秋といったらお芋!

 秋といったら、お芋がおいしいですね。サツマイモを乾燥させた「干し芋」は、お芋ならではの濃い旨みが楽しめるし、保存がきいてストックしておけるのが便利。手頃なオヤツです。おつまみ向きのイメージはないかもしれませんが、アレンジ次第ではお酒のお供に。

(利用した食材)
干し芋(角切り)
バター
・塩
・(お好みでおろしニンニクなど)

バター干し芋を炒める

 手順は簡単サクッと。フライパンを用意。熱したフライパンバターをひとかけ敷いてから、干し芋を適量入れて炒めます。干し芋は今回、角切りタイプのものを使用しました。平切りタイプのものを使用する場合、スティック状になるよう、裂いてから炒めると食べやすくなりますよ。

塩を振って良い色がついたら出来上がり

 アクセントになるよう、塩を振ります。無塩タイプバターを使用した場合、塩は多めに。お好みでおろしニンニクをほんのちょこっとプラス。後味にパンチが加わりますよ。

 ほどよく焦げ目がついたら出来上がりです。

香ばしさと、ねっとりとした濃密な甘みがたまらなく美味

 焦げ目の部分がカリッとした食感。焼きたての状態で食べると、バターの香ばしさとねっとりとした濃密な甘みがたまりません! おいしーーーーー! アツアツのお芋の旨みに敵うものはありません。思わずいっきにたくさん食べてしまいたくなるほど

バターで炒めた干し芋は、甘い中にも塩気を加えたので、ビールを一緒に飲みたくなりますよ。ニンニクがほんのりきいて後をひきますよ。バターとろみたっぷりで、カロリーは高めかも。でも、それがまたヤミツキに。

 アレンジとしてゴマ塩を振っても◎。芋の旨みをたっぷり味わえる、とっておきの簡単レシピです。干し芋バターの相性は最高。ぜひ試してみてください。

塩をしっかり振るとお酒が進む

 甘みが強いので、塩はしっかりめに振ったほうが、お酒のアテらしくなりますよ。



■おすすめレシピを教えてください!

 この連載ではお酒にあうおつまみレシピをナベコが紹介していきます。おすすめのおつまみレシピがあったら教えてください。 記事の感想や要望もお待ちしています!
コメントナベコTwitter(@wagomunabe)にお願いいたします。Facebookもやっていますよ。

知ってる? 干し芋をバターで炒めるととんでもなくウマイ