オリエンタルランド9月20日消費税法改正に伴う対応を発表しました。2019年10月1日以降、東京ディズニーランド東京ディズニーシーでチケット料金を改定。また、パーク内でのチケット料金以外でも新税率を適用するとともに、飲食料品のお土産や一部の飲食料品が軽減税率の対象となるといいます。

【画像】チケット料金の詳細

 消費税が10%に増税となることで、チケット料金(パスポート/税込)はおよそ100円アップ。例えば1デーパスポートは大人7400円から7500円へと、2パークの年間パスポートは大人・中人で8万9000円から9万1000円となります。チケット料金の改定前&後の一覧は下記の通り。

・1デーパスポート/大人7400円→7500円、中人6400円→6500円、小人4800円→4900円

・シニアパスポート(65歳以上対象)/6700円→6800円

スターライトパスポート/大人5400円→5500円、中人4700→4800円、小人3500円→3600円

・アフター6パスポート/4200円→4300

・2デーパスポート/大人1万3200円→1万3400円、中人1万1600円→1万1800円、小人8600円→8800円

・3デーマジックパスポート/大人1万7800→1万8100円、中人1万5500円→1万5800円、小人1万1500円→1万1800円

・4デーマジックパスポート/大人2万2400円→2万2800円、中人1万9400円→1万9800円、小人1万4400円→1万4800円

・2パーク年間パスポート/大人・中人8万9000円→9万1000円、小人5万6000円→5万7000円、シニア7万5000円→7万6000円

・1パーク年間パスポート/大人・中人6万1000円→6万2000円、小人3万9000円→4万円、シニア5万1000円→5万2000円

 パーク内での飲食料品については、「飲食設備を持たない店舗または自動販売機で購入された飲食料品は、軽減税率の対象となります(一部を除く)」としており、レストランや飲食スペースのある店舗は10%、ワゴンなどは8%となると見られます。

東京ディズニーリゾートも増税対応を発表。チケット料金が上がります