9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBテレビジョンでは準決勝進出場全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事では藤崎マーケットのコメントを紹介する。

【写真を見る】「キングオブコント2019」準決勝進出、全34組!

キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、“コント”で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03ロバートバイきんぐかまいたちハナコらが優勝を。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

藤崎マーケットは、2005年に結成。吉本興業に所属する田崎佑一(写真左)とトキ(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきた、藤崎マーケットの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 「ラララライ体操」から脱却したい!

――まずは、藤崎マーケットさんのアピールポイントをお願いできますか。

トキ:ずっと大阪でいろんな舞台があって、その時もずっともう新ネタばっかりやって、月1回単独ライブをして、コントをずっと作り続けてたので、1番(コントを)作った芸人ではあるかもしれないです。

田崎:全国的には、まだまだ(ラララライ体操の)“一発屋”というイメージが払拭できなくて…。

2015年ですかね。「キングオブコント」で初めて決勝に残らせてもらった時、優勝はしてないですけど出たことによって「(藤崎マーケットって)こういうコントもできんねや」と、ちょっとイメージが変わった感覚があったんです。コントのお仕事をいただけたりとか。

だから「キングオブコント」は(ラララライ体操だけではなく)漫才もコントもやってるっていうのを証明できる素晴らしい舞台だと思っているので、「ここで優勝するしかない!」という思いが強いですね。

――「ラララライ体操」を脱却したいと。

田崎:そうですね。

トキ:営業ではまだまだ“ラララライ”やってるんで。

――やはり「やってください」と、お願いされることが多い?

トキ:ふられることが多いですね。やっぱり。

――だからこそ“コントもできる”と証明したいと。

田崎:そうですそうです。それに、“コントもできる”となってからの“ラララライ”って、また熟成されそうな気がするんです。“それだけ”っていうのとはまた違うと思うんですよ。

だからこそ、今回は「結果を出す!」「出さないと!」っていう思いがあります。

――“今回は”とのことですが、「キングオブコント」は何回目に?

トキ:決勝に行ったのは1回だけなんですけど。予選も含めると、10年くらい出てるかもしれないですね。

■ 準決勝でウソくらいスベって落ちたことが…

――これまでの「キングオブコント」で印象に残っていることは?

トキ:2017年ですかね…2年前に準々決勝で落ちてしまい、それで再び火がつきました。2015年に(決勝)行ってから、ずっとそれまで以上にコントを作ってたんですけど、奥深いものがあるなぁと感じた年でした。

田崎:やっぱり“その日の出来”で決まりますよね。1回、大阪(の予選)でめっちゃいい感じにウケたたネタなのに、準決勝でウソくらいスベって落ちたことがあったんですよ。

好きなネタで、しかも大阪ではめっちゃ評価高いというか、すごい笑っていただける。それで、自信満々で持ってきたネタがウソくらいスベって…急いで走って帰りました(笑)

トキ:“ガシャンのネタ”ですね。

田崎:大阪では「あのネタ、スベることあるん!?」って言われたくらい、ちょっと事件に近い。だから、その怖さみたいな、トラウマみたいなのがあるんですよね。

――今回のネタはだいぶ作り込まれたネタでしょうか?

トキ:そうですね。しっかり作り込んできた、完全に今年できたネタで、100%見たことない設定だと思います。

コントの中でも新しい、どう展開していくのか予想もつかないような設定だと思います。それをちょっと注目してほしい。

コントの設定って、意外とかぶってしまうことがあるんですけど、今回は100%かぶらない自信があります。

■ 全力で潰したいのは、かが屋ですね(笑)

――準決勝出場34組の中で意識されている芸人さんはいらっしゃいますか。

トキ:僕はかが屋です。かが屋だけは許せないですね。

田崎:なんで許せないん(笑)

トキ:これまでは1回も会ったことなくて、さっき初めて会ったんですけど…かが屋許せないです。

田崎:いや、挨拶ちゃんとしてくれたやん(笑)

トキ:以前かが屋のネタを見た時、衝撃を受けまして。

本当に“第7世代のコント”といいますか…“無駄が一切ない”といいますか、“独特の笑かし方法”といいますか…教科書にないようなところで笑かす、生意気ですよね。全力で潰したいのは、かが屋ですね(笑)

――(笑)。田崎さんはいかがでしょう。

田崎:僕は、かまいたち・山内(健司)ですね。

トキ:出てません、出てません(笑)。もう優勝して出てません。

田崎:腹立ちますね。

トキ:まあ腹立ちますけども(笑)

田崎:同期なんですよ、大阪で。(「キングオブコント」)優勝もして、劇場で会ったら「たさちゃん、コーヒー買ってー」っていつも言ってくるんですよ。許せないですよ。

トキ:あいつは許せないです。確かに。

田崎:あとは、先輩ならジャルジャルさんは意識しています。

トキ:そうですね。ずっと一緒にやってきたメンバーだと、GAGとかジャルジャルさんとかクロスバー直撃さんとかになるんで。

田崎:GAGって1個後輩なんですけど、劇場入ったタイミングは全く一緒なんですよ。

トキ:一緒の日に入って。

田崎:いつか賞レースに…「キングオブコント」のことなんですけど、出れたらいいねって言ってて。だから今年、一緒に決勝に行けたら“胸熱”ですね。

きよし師匠からパワーをいただきました!

――今回「キングオブコント」出場にあたり、他の芸人さんから応援の言葉はありましたか?

田崎:実は…明日のお仕事が(「キングオブコント」の準決勝と)かぶってて、西川かの子さんに代わってもらったんですよ。

電話で「申し訳ありません、ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします」とお伝えしたら「いいえ全然!頑張ってね」というお言葉の次に「ちょっと待ってね」と…。

そしたら「もしもし、西川きよしです」って、たまたま横にきよし師匠がいらして。(編注※西川かの子さんは西川きよしさんのお子さんです)

きよし師匠から「そこ(準決勝)で勝ったら次は決勝か」「パワー送るわ。ちょっと待ってな…あーーーっ!」と、パワーをいただきました。

トキ:それは間違いないわ。

田崎:それで「ありがとうございます!パワーいただきました!」と、お礼を言って電話を切ったんですが。

今日、新幹線で来たんですけど、乗ってた新幹線きよし師匠と(西川)ヘレンさんが一緒に乗ってて…(笑)。“きよしパワー”でなんとか決勝に行けそうです。

■ ここ数年、お互いすごい不幸な出来事ばっかり

――優勝賞金1000万円の使い道は考えていらっしゃいますか。

田崎:ずっとここ数年、お互いすごい不幸な出来事ばっかり起きてまして、遡ったらトキが仮想通貨で全財産取られたり、僕は病気したりとか。

トキ:今年はぎっくり腰になったりとか。

田崎:色々あって「そろそろいいことあってよ」と思っているんですよ。

結婚式を日本でしたんですが、本当はハワイで家族で結婚式をして、日本で披露宴と考えていたんです。でも入院が長引いて、両家の家族みんなキャンセルさせてしまって…。

(理由が)病気なんで何も言ってこないですけど、絶対残念がってると思うので、賞金を使って(ハワイに)行かせていただきたいです。

――トキさんはいかがですか。

トキ:そうですね、1000万円…ちょっとまた仮想通貨が下がってますので、なんぼか入れてみようかなと(笑)

――(笑)。では最後に、意気込みをお願いします。

トキ:芸歴がもう16年になるので「キングオブコント」もラストにしようかなと思ってるんです。だから、本当に全部をかけた“集大成”をぶつけたいです!

田崎:トキはぎっくり腰、僕は首がヘルニアと、もう体がおじさんになってきてるんで…全国区の賞レースで優勝したら、吉本のルールで移動がグリーン車に変わるかもしれないというのがあるので、優勝して早くグリーン車に乗りたいです!

移動で体がもうバキバキなんで。負担を軽減させたいなと(笑)

藤崎マーケットの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン

藤崎マーケット/田崎佑一(写真左)、トキ(写真右)