佐藤製薬株式会社東京都港区)は9月17日、ミニドリンク剤「青のユンケル」から、14種類の生薬を配合した「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」(第2類医薬品)を新発売した。

より活動的な人生を送るために

ユンケルブランドは、現代人に不足しがちなビタミンや、疲れた身体に効くとされる生薬を配合し、「独自の製法と最新の技術」で製造される栄養ドリンクだ。

このユンケルブランドから登場した「青のユンケル」は、体力を維持・増進する滋養強壮に優れた効果を発揮するため、より活動的に過ごしたい人をターゲットとしている。

出典:佐藤製薬株式会社プレスリリース

出典:佐藤製薬株式会社プレスリリース

青のユンケルの1つである「ユンケル黄帝液プレミアム」は、11種類の生薬を配合し、肉体の活性化を導く効果があるという。

今回の「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」は、ユンケルブランドで初めて使われたというモクテンリョウとチンピを含む14種類の生薬を配合したワンランク上の「青のユンケル」を謳う。芳醇な香りとすっきりとした飲み口が特長だという。

同社は、より活動的な肉体へと導く「青のユンケル」を通じ、自分の力で毎日を充実させ、より活動的な人生を送りたいという人を応援していきたいとしている。

青いユンケルに「ユンケル黄帝ロイヤルプレミアム」が新発売