BM0_e


 以前マランダーカラパイアで紹介した、ゴールデンレトリバーのボブと仲間たちを覚えているかな?

 そう、インコやらハムスターやらの大所帯でハーレム状態だったあのお宅。あれから2年近くたって、ボブたちはどうしているかちょっと気になってたんだ。そこで今回、彼らに会いに行ってみたよ。みんな元気にしていたかな。


1. 相変わらずインコに寄り添ってうっとろりんのマーリーくん

2. おそろいのアイマスクでぐっすりお昼寝中のようだ

3. オカメインコと何やらお話ししているボブ

4. そんなに舐めるなってば、くすぐったいよ

5. これからオフ会に出かけるんだよ

6. おめかしして行かなくっちゃね

7. 気持ちいい秋の昼下がり

8. たくさんのお友だちに囲まれてすやぴー

 一時期は10羽/匹以上の仲間たちと、にぎやかに暮らしていたボブ&マーリーだが、あれから時は流れ、ハムスターや小鳥たちは次々と虹の橋を渡ったり、あるいは逃げ出したりして、今ではこのセキセイインコオカメインコしか残っていないんだそうだ。

9. やっぱりちょっぴり寂しいよね


10. 残った小鳥たちがにぎやかにしてはくれるものの……

11. あの頃の大家族を思うと、やっぱり何かぽっかりと穴が開いたよう

12. そしたら先日、ボブの6歳のお誕生日に、新しいお友だちがやって来た!

 ボブとマーリーと仲間たちに新たに仲間入りしたのは、モルモットジギーくん。ペルビアンモルモットかなと思うんだけど、詳しいお友だちどうだろう?

 マランダーではこれからも、ボブくんたち一家を紹介していくつもりだけど、次回まで待てない!というお友だちは、ぜひ彼らのインスタグラムに遊びに行ってあげてね。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52282669.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

子供の頃飼っていた愛犬と泣く泣く別れた女性。7年後に引き取った老犬が同じ犬だったことの奇跡(アメリカ)
犬はニオイを嗅ぐだけで飼い主の恐怖心を感じ取ることができる(イタリア研究)
犬のまっすぐな忠誠心に感涙。セラピードッグのトレーニング風景
くるくるヘアで人懐こい。羊みたいな巻き毛の猫に関する海外の反応
1つの瞳に2つの色。ダブルオッドアイの猫、オリーブの魅力にズームイン!(イギリス)

―画像の紹介記事―

くるくるヘアで人懐こい。羊みたいな巻き毛の猫に関する海外の反応
1つの瞳に2つの色。ダブルオッドアイの猫、オリーブの魅力にズームイン!(イギリス)
モップのような毛を持つプーリー犬の背に必死にしがみついていたのは、ポッサムの赤ちゃんだった!(オーストラリア)
もこふわスリッパの中には小猫がひとつ…室内履き注意!スリッパの中で小猫が昼寝していた姿に関する海外の反応
頭部のレントゲン撮影中にクシャミをするとどうなるのか?こうなった...
数はちょっと減ったけど、相変わらず仲良く暮らしているよ!その後のゴールデンレトリバーと仲間たち