女優の永野芽郁9月18日、自身のインスタグラムを更新。初となる“金髪”姿を公開したものの、ネット上では「変な路線に行かないでほしい」などと落胆の声が多く上がっている。

 今回、永野は18日に更新されたデジタルマガジンVOGUE GIRL』の撮影を機に金髪にしたようで《こんな髪色の時期もあったとさ 恐竜様かっこよかった》と、巨大な恐竜の模型と向き合って見つめている写真を公開した。

 公式サイトには、永野が『コム デ ギャルソン』や『PRADA』などハイブランドブラックコーディネートを身にまとい、恐竜を連れ立って歩く動画や、澄ました表情で恐竜をなでる写真など“ダークロマンティック”な雰囲気のあるカットが多く掲載されている。

 この投稿に、ファンからは、
《金髪めちゃめちゃかわい過ぎて、死んじゃう》
《えええギャップ萌えええ》

 などと、かわいさに悶絶するコメントが続出。しかし、ネット掲示板では、
《髪色変わっただけで透明感消えるのね》
この子の良さが全部消えてるじゃん 残念…》
《透明感というか雰囲気が魅力だと思うから、金髪にして雰囲気変わるとダメな気がする》
《この写真、高橋みなみって言われたら信じる》

 などと、せっかくの透明感が“台無し”だとする声が相次いでいる。また、金髪は金髪でも“黄色っぽい金髪”であることに対し、
《もうちょっと色抜いて金髪にしたら似合うと思う》
《10年前の佐々木希や優樹菜みたいな茶髪っぽい》
《長友みたいなダサ金髪》

 などと、ブリーチの甘さを指摘する辛らつな声も多く上がった。
「永野さんは自身がヒロインを務めたNHK朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で、黒髪でボブヘア、前髪は眉毛の上という“清楚”な姿で全国にその名が知れ渡りました。そのイメージが強いせいか、今回の金髪姿は衝撃的だったのでしょう。またよりによって“ブリーチ不足”の金髪ですから、金色というよりオレンジ色に見えてしまっていることも、世間の落胆度が増したのだと考えられます」(芸能ライター)

https://www.instagram.com/p/B2jBI8DBRjs/?utm_source=ig_web_copy_link

“清純派”のイメージを背負う朝ドラヒロインイメージチェンジは慎重に行わなくてはならないようだ。